トーマス・アーンショウ

トーマス・アーンショウ
クロノメーターNo.506

トーマス・アーンショウThomas Earnshaw 1749年[1]2月4日 - 1829年[2]3月1日)はイギリスの時計師である。

ジョン・アーノルドとの争い編集

1780年[3]ピエール・ル・ロワが発明したデテント式脱進機のホゾ(Pivot )をバネ(Spring )に置換したスプリング・デテント式脱進機を発明したが、ジョン・アーノルドとの間でどちらが先に発明したかで論争となり、これは今もって解決していない。

脱進機の比較では、アーンショウ式とアーノルド式でガンギ車の回転方向が逆である以外全く相違点はない。

時計全体を比較した場合、理論上はアーノルド製の方が有利であるはずだが、実際の製品はアーンショウ製の方が正確だったという。どちらが先にせよ近代クロノメーターの完成に貢献したことは間違いない[4]

脚注編集

  1. ^ 『時計年表』p.64。
  2. ^ 『時計年表』p.81。
  3. ^ 『時計年表』p.72。
  4. ^ 『図説時計大鑑』p.ix。

参考文献編集

  • 『時計年表』浅井 忠
  • G.H.バイリー、C.クラトン、C.A.イルバート著、大西平三訳『図説時計大鑑』雄山閣出版