ドイツ・スペイン条約 (1899年)

1899年のドイツ・スペイン条約(スペイン語: Tratado germano-español de 1899; ドイツ語: Deutsch-Spanischer Vertrag 1899)は、1899年ドイツ帝国スペイン王国の間で調印された条約である。スペインはスペイン領東インドのうち米西戦争後のパリ条約で割譲したグアム島フィリピンを除いた太平洋の島々を2500万ペセタでドイツに売却した。米西戦争でスペインは太平洋艦隊とスペイン領東インドの中心地であったマニラを失ったため、これらの領土を統治していくことが困難となった。元々この島々ではあまり生産力がなかったためこの島々を売却することにし、ドイツがこれに応じた。1899年2月12日に当時のスペイン外相であったアルモドバル・デル・リオスペイン語版公爵とドイツ大使ヨーゼフ・フォン・ラドヴィッツドイツ語版が条約に調印し、同年6月30日にはフランシスコ・シルヴェラスペイン語版首相が批准しながら正式に成立した。

ドイツ・スペイン条約
German new guinea 1888 1899.png
ドイツ領ニューギニアの範囲。(青色: 条約締結前 赤色: 条約締結後)
署名 1899年2月12日
署名場所 マドリード
締約国 ドイツの旗 ドイツ帝国
スペインの旗 スペイン王国
主な内容 ドイツの南洋群島獲得
テンプレートを表示
1899年11月3日ヤップ島で行われた島々の明け渡しの式典

これによってスペインはカロリン諸島北マリアナ諸島をドイツに売却した。この地はドイツ領ニューギニアとなり、翌年までにドイツはパラオで採掘活動を行うようになる[1]。 これらの島々でのドイツの統治は大日本帝国第一次世界大戦でこの地を占領し、国際連盟の委託統治領となるまで続くこととなる。

脚注編集

  1. ^ Palau profile - timeline”. BBC (2015年3月3日). 2015年11月9日閲覧。