メインメニューを開く

ナイチンゲール誓詞

アメリカで「ヒポクラテスの誓い」の内容を元に作られたナイチンゲール誓詞。
ナイチンゲールの誓約

ナイチンゲール誓詞(ないちんげーるせいし、: Nightingale Pledge)とは、現代看護の創始者フローレンス・ナイチンゲールの偉業を讃え、1893年アメリカ合衆国ミシガンデトロイト市にあるハーパー病院(Harper Hospital)のファーランド看護学校 (Farrand Training School for Nurses) の校長リストラ・グレッター英語版を委員長とする委員会で「ヒポクラテスの誓い」の内容を元に[1]作成されたものである。

ただ、グレッター自身はその誓詞を「理念の背後にある動き続ける精神(the moving spirit behind the idea)」と考えていた[2] [3]。また、ナイチンゲール本人も、その代表的な著作「看護覚え書き」の中において「私たちの場合『誓い』を立ててこの道に入ったりしない」「真の気持ちは厭世や失恋などとまったく別のものであると自覚するためにわざわざあえて『誓い』を立てる必要があるのか」「そんな次元の低いものと見なしているのだろうか」と述べている。

その後、ナイチンゲール誓詞はアメリカにおける看護倫理および原則の表明となり、「害をなさず」、「病気になっている人が困っているときにいつでもどこでも熱心に看護する」といった誓約を含んでいた。1935年の誓詞の改訂でグレッターは「健康の使命者となる誓い」を含め「人間の福祉健康」向上に捧げる看護師の役割を広げた[2]

以来、アメリカの看護師は何十年もの間、戴帽式卒業式などのセレモニーでナイチンゲール誓詞を利用してきた。(訳注:一方、ナイチンゲールの母国イギリスでは、アメリカで作られた「ナイチンゲール誓詞」はあまり好まれていないようで、他の国では使用されていないとの記述とコメントによる指摘があります)近年では、アメリカの多くの学校がオリジナル版または1935年版に変更を加え、独自の特定の倫理基準(後述)を参照し、しばしば、より自立した看護職を促進するために「医師への忠誠」という表現を削除したものを利用している[4]

目次

現代編集

ANA 看護者の倫理規範(The Code of Ethics for Nurses)編集

1950年、アメリカ看護協会(ANA)は、初となる「看護者の倫理規範」を採択。これはアメリカの看護者において「交渉不可(nonnegotiable)」な規範とみなされている[5]。この倫理規範は一般的なものから特定分野のガイドラインまで詳細に記述されており、臨床から研究、管理運営、教育などを含む、全64ページに渡るもの[6]となっている。この倫理規範は、後述するナイチンゲール誓詞の現代版にも登場する。

なお、日本においてはこのANAの看護師の倫理規範に相当するものは存在していない。

ICN 看護者の倫理綱領編集

1953年、国際看護協会(ICN)によって採択された[7]。これは、看護においてあるべき倫理的なあるべき姿勢と、看護職一般、日々の実践、および他者との関係について要点をまとめ、国際的な基準となるべく採択された綱領である[5]

JNA 看護者の倫理綱領編集

1988年、日本看護協会による「看護師の倫理規定」、2003年、「ICN 看護師の倫理綱領」にならい「看護者の倫理綱領」へ改訂・改題[8]。内容は基本的事項の簡単な一覧に留まっている。

ナイチンゲール誓詞編集

オリジナル版の「フローレンス・ナイチンゲール誓詞」

I solemnly pledge myself before God and in the presence of this assembly to pass my life in purity and to practise my profession faithfully.

I shall abstain from whatever is deleterious and mischievous, and shall not take or knowingly administer any harmful drug.

I shall do all in my power to maintain and elevate the standard of my profession and will hold in confidence all personal matters committed to my keeping and all family affairs coming to my knowledge in the practice of my calling.

I shall be loyal to my work and devoted towards the welfare of those committed to my care.

— Original "Florence Nightingale Pledge" [2] [9] [10]
1935年改訂版 (斜体部分が変更)

I solemnly pledge myself before God and in the presence of this assembly to pass my life in purity and to practise my profession faithfully.

I will abstain from whatever is deleterious and mischievous, and will not take or knowingly administer any harmful drug.

I will do all in my power to maintain and elevate the standard of my profession and will hold in confidence all personal matters committed to my keeping and all family affairs coming to my knowledge in the practice of my calling.

With loyalty will I aid the physician in his work, and as a missioner of health, I will dedicate myself to devoted service for human welfare.

— 1935 revised version (changes from original italicized) [2]
「"実用的看護者誓詞" - ナイチンゲール誓詞の現代版」(日本語は直訳したものを追記した)

神とここに集う人々の前に、厳かに誓う、

Before God and those assembled here, I solemnly pledge;

看護専門職の倫理規範を遵奉し、

To adhere to the code of ethics of the nursing profession;

忠誠心を持って看護チームの他のメンバーと共に協力し、監督者として指定された医師または看護者の指示に忠実に、そして己の能力に従って最善を尽くし、

To co-operate faithfully with the other members of the nursing team and to carryout [sic] faithfully and to the best of my ability the instructions of the physician or the nurse who may be assigned to supervise my work;

一切の悪行や悪意ある行為をせず、意図しながら害のあるいかなる薬を与えることや不正行為には加担しないと。

I will not do anything evil or malicious and I will not knowingly give any harmful drug or assist in malpractice.

職業上の知りえた秘密についてはこれを秘匿する。

I will not reveal any confidential information that may come to my knowledge in the course of my work.

そして全力を尽くし看護実践の標準と品位を高めることを、自分に誓う。

And I pledge myself to do all in my power to raise the standards and prestige of the practical nursing;

我が人生が看護専門職の仕事とその高邁な理想に捧げられんことを。

May my life be devoted to service and to the high ideals of the nursing profession.


— "Practical Nurse Pledge", a modern version based on the "Nightingale Pledge" [1] [10]

関連項目編集

出典編集

  1. ^ a b WikiVisually.com”. wikivisually.com. 2019年5月17日閲覧。
  2. ^ a b c d Crathern, Alice Tarbell (1953). “For the Sick”. In Detroit Courage Was the Fashion: The Contribution of Women to the Development of Detroit from 1701 to 1951. Wayne University Press. pp. 80–81. https://books.google.com/books?id=IxgEAAAAMAAJ&q=%22missioner+of+health%22+%22human+welfare%22+%22those+committed+to+my+care%22&dq=%22missioner+of+health%22+%22human+welfare%22+%22those+committed+to+my+care%22&hl=en&sa=X&ei=HRE2UduIHOmy0QHKloHgCA&ved=0CDYQ6AEwAQ 2013年3月5日閲覧。. 
  3. ^ Florence Nightingale Pledge”. NursingWorld. American Nurses Association. 2013年3月5日閲覧。
  4. ^ Yates. “Lystra Eggert Gretter”. The Truth About Nursing. 2013年3月5日閲覧。
  5. ^ a b The History and Application of Nursing Ethics” (英語). Husson University (2017年8月1日). 2019年5月17日閲覧。
  6. ^ Code of Ethics for Nurses” (英語). ANA. 2019年5月17日閲覧。
  7. ^ 看護師の倫理綱領 | 日本看護協会”. www.nurse.or.jp. 2019年5月17日閲覧。
  8. ^ なぜ「倫理綱領」が必要か | 日本看護協会”. www.nurse.or.jp. 2019年5月17日閲覧。
  9. ^ Maxwell, Anna Caroline; Pope, Amy Elizabeth (1910). “The Florence Nightingale Pledge”. Practical Nursing: A Text-book for Nurses and a Handbook for All who Care for the Sick. G.P. Putnam's Sons. p. 17. https://books.google.com/books?id=HK8yAQAAMAAJ&pg=PA17&dq=%22I+solemnly+pledge%22+%22life+in+purity%22+%22those+committed+to+my+care%22&hl=en&sa=X&ei=Tw02UaqvLcLf0gHx7YH4DQ&ved=0CDEQ6AEwAA#v=onepage&q=%22I%20solemnly%20pledge%22%20%22life%20in%20purity%22%20%22those%20committed%20to%20my%20care%22&f=false 2013年3月5日閲覧。. 
  10. ^ a b Basavanthappa, B. T. (January 1, 2003). Nursing Administration. Jaypee Brothers. p. viii. ISBN 8171796710. https://books.google.com/books?id=0QutH9ym4JMC&pg=PR7&dq=%22nightingale+pledge%22+%22practice+my+profession+faithfully%22&hl=en&sa=X&ei=RBc2UajPEdO10QGl2oGABA&ved=0CDcQ6AEwAQ#v=onepage&q=%22nightingale%20pledge%22%20%22practice%20my%20profession%20faithfully%22&f=false 2013年3月5日閲覧。.