ナガサとは、マタギに用いられている狩猟(山刀)の名称である。叉鬼山刀(マタギナガサ)と呼ばれる事もある[1]

アイヌ民族の用いる短刀の名称から「マキリ」と呼ばれていることがあるが、ナガサは形状、大きさ共に、マキリよりは「タシロ」と呼ばれる、より大きなものに近い。

概要編集

6~7寸(約18~21センチ)前後の刃渡りを持つ、に類似した片手持ちの刀剣で、片刃で切っ先の大きなものが多い。 刀身はタタラ製鉄と類似した技法で製作されている[2][3]

柄が木ではなく刀身と一体となった筒状になっているものは特にフクロナガサ(袋ナガサ)と呼ばれる。これは、ある程度の長さのある木の枝や棒の先端に差し込んで固定し、を始めとした大型獣を仕留めるための即席のとして用いることを考えたものである。

フクロナガサの様式で刃渡りのより短い(4~6寸(約12~21センチ)程度)のものもあり、これらはマスケと呼ばれる。 

脚注編集

  1. ^ 又鬼山刀”. 西根打刃物製作所. 2016年9月6日閲覧。
  2. ^ 西根 登 / マタギナガサ”. 日本職人名工会. 2016年9月7日閲覧。
  3. ^ マタギ山刀 ナガサを造る 高解像度版”. マタギ自然塾. 2016年9月7日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集