メインメニューを開く

ナフシリン(Nafcillin)は、狭スペクトルの[1]ペニシリンβ-ラクタム系抗生物質である[2]β-ラクタマーゼ耐性を持ち、グラム陽性菌、特に他のペニシリン系抗生物質に抗生物質耐性を持つブドウ球菌感染に対する治療に用いられる。

ナフシリン
Nafcillin.svg
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
Drugs.com monograph
MedlinePlus a685019
胎児危険度分類
  • US: B
法的規制
  • (Prescription only)
投与方法 IM, IV
薬物動態データ
血漿タンパク結合 90%
代謝 <30% 肝臓
半減期 0.5 時間
排泄 胆管
識別
CAS番号
985-16-0 チェック
ATCコード J01CF06 (WHO)
PubChem CID: 8982
DrugBank DB00607 チェック
ChemSpider 8634 チェック
UNII SY07234TTS チェック
ChEBI CHEBI:7447 チェック
ChEMBL CHEMBL1443 チェック
化学的データ
化学式 C21H22N2O5S
分子量 414.476 g/mol
テンプレートを表示

治療効果的には、オキサシリンと等価であると考えられるが、安全性プロファイルはいくらか異なる[3]

目次

適応編集

適応症は、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌を除くブドウ球菌の感染である。アメリカ合衆国の診療ガイドラインでは、人工心臓弁を用いていないブドウ球菌による心内膜炎患者に対して、ナフシリンまたはオキサシリンを第一の選択肢とするように勧めている[4]

副作用編集

全ての患者に対して、生命に関わるようなアレルギー反応が起こりうる。

その他の中程度の副作用には、低カリウム血症[5]、吐き気、下痢、腹痛、カンジダ症無顆粒球症好中球減少症等がある。

相互作用編集

ナフシリンがシトクロムP450を誘導することを示す証拠がある[6]

また、媒質として多くの塩を含むため、浮腫が生じることがある。うっ血性心不全腎臓病の懸念がある場合は、使用を避けるのが懸命である。

出典編集

  1. ^ Palmer DL, Pett SB, Akl BF (March 1995). “Bacterial wound colonization after broad-spectrum versus narrow-spectrum antibiotics”. Ann. Thorac. Surg. 59 (3): 626–31. doi:10.1016/0003-4975(94)00992-9. PMID 7887701. http://linkinghub.elsevier.com/retrieve/pii/0003-4975(94)00992-9. 
  2. ^ Tan AK, Fink AL (January 1992). “Identification of the site of covalent attachment of nafcillin, a reversible suicide inhibitor of beta-lactamase”. Biochem. J. 281 (1): 191–6. PMC: 1130660. PMID 1731755. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1130660/. 
  3. ^ Pham P, Bartlett JG (2009年1月2日). “Nafcillin”. Point-of-Care Information Technology ABX Guide. Johns Hopkins University. 2014年10月22日閲覧。 Retrieved on July 10, 2009. Freely available with registration.
  4. ^ Bonow RO, Carabello BA, Kanu C, et al. (August 2006). “ACC/AHA 2006 guidelines for the management of patients with valvular heart disease: a report of the American College of Cardiology/American Heart Association Task Force on Practice Guidelines (writing committee to revise the 1998 Guidelines for the Management of Patients With Valvular Heart Disease): developed in collaboration with the Society of Cardiovascular Anesthesiologists: endorsed by the Society for Cardiovascular Angiography and Interventions and the Society of Thoracic Surgeons”. Circulation 114 (5): e84–231. doi:10.1161/CIRCULATIONAHA.106.176857. PMID 16880336. 
  5. ^ JA Mohr. (1979). Nafcillin-associated hypokalemia. JAMA
  6. ^ Lang CC, Jamal SK, Mohamed Z, Mustafa MR, Mustafa AM, Lee TC (June 2003). “Evidence of an interaction between nifedipine and nafcillin in humans”. Br J Clin Pharmacol 55 (6): 588–90. doi:10.1046/j.1365-2125.2003.01789.x. PMC: 1884262. PMID 12814453. http://www3.interscience.wiley.com/resolve/openurl?genre=article&sid=nlm:pubmed&issn=0306-5251&date=2003&volume=55&issue=6&spage=588.