ニウラキタ島(ニウラキタとう、Niulakita)は、ツバル最南端のニウラキタ環礁を構成するただ一つの島。同国を構成する地区のひとつでもある。島内でただ一つの村も同名。

ニウラキタ
Niulakita.png
ニウラキタの位置(ツバル内)
ニウラキタ
ニウラキタ
ツバルにおける位置
ツバル
標高
4.6 m
人口
(2002年)
 • 合計 35人

1944年にイギリスがツバルの過密化を緩和させるため購入し、1949年にニウタオ島から移民が到着した。それまでは無人島であった。16世紀以降欧米の航海士や探検家が訪れ、ラ・ソリタリア島、インディペンデンス島、ソフィア島、ロッキー島などさまざまな名称がつけられた。

2002年の国勢調査時点の人口は35名で、村のマネアパ(公民館)で集会が行われる。4箇所の湖沼がある。東西に細長い楕円形で、最高地点の4.6mはツバルの最高標高でもある。

外部リンク編集