ニッコロ・ニッコリ

ニッコロ・ニッコリ(Niccolò Niccoli、1364年 - 1437年1月22日)は、ルネサンスイタリアの蔵書家、人文主義者である。

フィレンツェ生れ。メディチ家当主コジモ・デ・メディチの支援を受け「全財産を書物の獲得にそそぎこんだ」。古代に憧れ、古代の気分を妨げるものは身辺に一切寄せ付けなかったという。無一文になるとメディチ家がいくらでも融通した[1]。没後の1444年、コジモはニッコロ・ニッコリの蔵書を基礎とした図書館をサン・マルコ修道院に創設した[2]

ニッコロ・ニッコリの筆記[3]。1420年頃。

また、その書体がイタリック体のもとになったことも知られている。ニッコロ・ニッコリの1420年頃の筆記にイタリック体を見出すことができる。この書体は広く普及し、ヴェネツィア教皇庁尚書院で公的に(教皇書簡や外交書簡用に)用いられるようになった。

出典編集

  1. ^ ヤーコプ・ブルクハルト 1974, pp. 198, 220.
  2. ^ Ullman & Stadter 1972.
  3. ^ Ullman 1960.

参考文献編集

  • ヤーコプ・ブルクハルト 著、柴田治三郎 訳 『イタリア・ルネサンスの文化』中央公論新社〈中公文庫〉、1974年 (原著1860年)。 
  • Ullman, Berthold L. (1960). Origin and Development of Humanistic Script. Ed. di Storia e Letteratura 
  • Ullman, Berthold L.; Stadter, Philip A. (1972). The public library of Renaissance Florence : Niccolò Niccoli, Cosimo de' Medici, and the library of San Marco. Padova: Editrice Antenore 

関連項目編集

写本の筆耕に抜群の能力と器用さを示し、コルッチョ・サルターティやニッコロ・ニッコリと交遊した。