メインメニューを開く
出土品。ろうけつ染めの織物
ニヤ遺跡 スタイン撮影

ニヤ遺跡(ニヤいせき、尼雅遺址)は、中国新疆ウイグル自治区ニヤ県の都市遺跡。紀元前1世紀~紀元4世紀に栄えた精絶王国チャドータの遺跡と考えられている[1]。ニヤ河の下流で、タクラマカン砂漠の南端にあり、ニヤ県ニヤ鎮の北約125kmに位置する。

1901年オーレル・スタインによって発見され、4回にわたって調査された[2]。その後もアメリカハンチントン日本橘瑞超らによって、中華人民共和国建国の後も1989年以降の小島康誉らの日中合同調査隊によって発掘調査が行われ、重要な成果を挙げた。

これら学術的調査とは別に、NHK特集 シルクロードの第六回においてもこの遺跡が取り上げられており、1980年頃の遺跡の状態がごく一部ながら映像に収められている。

脚注編集

  1. ^ 伊東隆夫、2002年12月20日「総説 幻の古代都市『尼雅(ニヤ)遺跡』を訪ねて」『木材研究・資料』(京都大学)38号1~12ページ、NAID 110000214360参照。
  2. ^ 調査報告書の別図集をStein, Aurel, Sir、1907年『Ancient Khotan, detailed report of archaeological explorations in Chinese Turkestan. vol. 2 (plates)』Oxford (Clarendon)、インターネットアーカイブancientkhotanpl00indigoogで見ることができる。

座標: 北緯38度01分17秒 東経82度44分15秒 / 北緯38.021400度 東経82.737600度 / 38.021400; 82.737600

外部リンク編集