ニーバル・サワブテア

パレスチナの女性の権利活動家

ニーバル・サワブテア(Nibal Thawabteh)は、パレスチナの女性の権利活動家。ビルゼイト大学で勤務する[1]

生涯編集

サワブテアは、ベイト・ファジャール町議会に初めて女性として当選し、7年間勤務した。独自の研修マニュアルを作成し、他の女性が議会の議席を獲得するのを支援するために働いた[1]。2005年に設立した月刊新聞「Al Hal」(「状況」の意)では、近親相姦、一夫多妻制、名誉殺人、違法な結婚、レズビアン、貧しい人々の窮状など、議論を呼ぶ社会問題を取り扱う。 2008年には、新聞の編集長兼寄稿者になった[2]。 新聞の創刊号では、マフムード・アッバースの妻であるアミナ・アッバースの写真を表紙に使用し、多くの論争を呼んだ。ニーバルによると、アミナが公に出たのはその写真が初めてであった[3]。ニーバルは、読み書きのできない女性の窮状についてテレビの脚本を書いたり、パレスチナ女性の自殺問題についてドキュメンタリーを書いたり制作したりすることで、社会問題に注目を集める。 調査報道やクリエイティブ・ライティングも教える。

ニーバルは、2008年の国際勇気ある女性賞を受賞した[1][4]

2015年、パレスチナの国家メディア政策にも関与する、ビルゼイト大学のメディア開発センターの所長を務めた[5]

参考文献編集

  1. ^ a b c International Women of Courage Award Ceremony: 2008
  2. ^ Risky use of democratic rights”. The Jerusalem Post | JPost.com. 2020年9月26日閲覧。
  3. ^ Mahmoud Abbas's wife undergoes surgery in Israel |, The Times of Israel
  4. ^ AWIU » 2008 WOC – Nibal Thawabeth”. 2013年11月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月22日閲覧。
  5. ^ Nibal Thawabteh - Landmark report on Media Development in Palestine, UNESCO, Retrieved 13 July 2016