メインメニューを開く

ネイサン・マヨ(Nathan Mayo、1876年12月1日[1] - 1960年4月14日[1])はアメリカの政治家・企業経営者[1][2]

ネイサン・マヨ
John Nathan Mayo
Nathan Mayo.jpg
ネイサン・マヨ
生年月日 (1876-12-01) 1876年12月1日[1]
出生地 ノースカロライナ州ウィタカーズ[1]
没年月日 (1960-04-14) 1960年4月14日(83歳没)[1]
死没地 フロリダ州サマーフィールド[1]
称号 フロリダ柑橘類栄誉殿堂(Florida Citrus Hall of Fame)、1964年選出[2]
配偶者 ノラ[1]

在任期間 1923年11月1日[1] - 1960年4月14日[1]

在任期間 1921年[2] - 1923年[2]
テンプレートを表示

James M. Mayoの子としてノースカロライナ州ウィタカーズに生まれた[3][注釈 1]。10歳の時に家族とともにフロリダ州オカラへ移住した[1]。1913年には公選職であるフロリダ州マリオン郡郡政委員英語版を務め[2]、1921年から23年まではフロリダ州議会下院英語版の議員を務めた[2]。1923年にフロリダ州農務長官英語版となり、1960年4月14日に死去するまで同職を務めた[1][2]。子のWilliam T. Mayoはフロリダ州公益事業委員会の委員を1966年から1981年まで務めた[4]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ James Micajah Mayoは南北戦争中の連合国軍の大佐で、フロリダ州ラファイエット郡にあるメイヨー英語版は彼にちなんで名付けられた[4]

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m A Guide to the Nathan Mayo Papers”. The University of Florida (2009年12月). 2019年5月25日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i Nathan Mayo - Florida Citrus Hall of Fame”. Florida Citrus Hall of Fame. 2019年5月25日閲覧。
  3. ^ Florida State Horticultural Society (1960), “Nathan Mayo”, Proceedings of the Florida State Horticultural Society, 73, p. 405, http://journals.fcla.edu/fshs/article/viewFile/101165/97109 2019年5月25日閲覧。 
  4. ^ a b Morris, Allen (1995), “Mayo, Lafayette County”, Florida Place Names: Alachua to Zolfo Springs, Pineapple Press