ネクスト・ジェネレーション (ガーディアン)

ネクスト・ジェネレーション英語: Next Generation)とは、ガーディアン紙が2014年から行っているサッカー界の若手有望株特集である。

単なる1紙の特集でありながら、この特集で取り上げられた事が世界中で記事になるほどの影響力を持っている。

概要編集

ガーディアン紙は2014年から毎年10月にサッカー界の若手有望株特集を行っており[1]、世界の有望株とプレミアリーグの有望株とをそれぞれ特集しているが、一般に他社の記事でも取り上げられるのは世界の有望株特集であり、公式サイトでも「ガーディアンは毎年世界中で成功している最高の若き才能を見極め、その後の毎年の軌跡も辿っていきます。」と記している[2]

世界を対象にした特集では、その年に17歳になる世界中の男子サッカー選手が特集内容となっており、2014年は40人であったが、現在は60人が取り上げられている。

また、プレミアリーグ限定の特集はそのシーズンに17歳を迎える20人を特集している。

日本人選手編集

日本人選手も2014年から毎年1人が選出されており、2018年に選出された久保建英、2020年に選出された中井卓大はキービジュアルにも取り上げられている[3]

特集内容編集

世界

発表年 対象生年 人数
ネクスト・ジェネレーション2014 1997 40
ネクスト・ジェネレーション2015 1998 50
ネクスト・ジェネレーション2016 1999 60
ネクスト・ジェネレーション2017 2000
ネクスト・ジェネレーション2018 2001
ネクスト・ジェネレーション2019 2002
ネクスト・ジェネレーション2020 2003

参考文献編集

  1. ^ 英紙が選ぶ「次世代スター」。2001年生まれの60人に久保建英も選出”. フットボールチャンネル (2018年10月13日). 2021年3月12日閲覧。
  2. ^ Next Generation”. The Guardian. 2021年3月12日閲覧。
  3. ^ 英紙、中井卓大を「2003年生まれ有望選手」特集のトップ画中央で採用! レアル・マドリーで“飛び級”ユースリーグ登録”. Goal.com (2020年10月8日). 2021年3月12日閲覧。

外部リンク編集