ネルソン・マンデラ国際デー

ネルソン・マンデラ・デーから転送)

ネルソン・マンデラ国際デー英語: Nelson Mandela International Day)またはマンデラデー英語: Mandela Day)は、2009年国際連合が創設した国際デーである[1]アパルトヘイト撤廃に尽力した南アフリカ共和国政治家ネルソン・マンデラ誕生日にあたる毎年7月18日、彼の67年間の政治生活にちなんで少なくとも67分間の社会奉仕活動を行うよう、世界中の人々に呼びかけられる[1][2]

ネルソン・マンデラ国際デー[1]
ネルソン・マンデラ国際デー[1]
2015年ネルソン・マンデラ
国際デーの地域清掃活動
正式名称 Nelson Mandela International Day
初日 2010年[1]
日付 7月18日[1]
テンプレートを表示

2009年4月28日にネルソン・マンデラ財団とエイズ撲滅運動団体46664が、7月18日の誕生日をマンデラ・デーとすることを求めるマンデラ・デー・キャンペーンを始めた[3][4]。2009年11月10日、第42期国連総会においてポルトガルのMoraes Cabralが決議A/64/L.13として創設を提唱した[5]


脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e マンデラ元大統領が92歳に、南ア”. フランス通信社 (2010年7月18日). 2018年2月7日閲覧。
  2. ^ ネルソン・マンデラ国際デー(7月18日)事務総長メッセージ”. 国際連合広報センター (2015年7月16日). 2018年2月7日閲覧。
  3. ^ マンデラ生誕91周年「マンデラ・デイ」を歓迎”. 南アフリカ観光局 (2009年7月15日). 2018年3月10日閲覧。
  4. ^ The Nelson Mandela Foundation and 46664 call for the establishment of a global ‘Mandela Day’”. Nelson Mandela Foundation (2009年4月28日). 2018年3月10日閲覧。
  5. ^ General Assembly Sixty-fourth session42 Official records”. 国際連合 (2009年11月10日). 2018年3月10日閲覧。(PDF)

関連項目編集

外部リンク編集