ネヴィル・ラブレス (第6代ラブレス男爵)

第6代ラブレス男爵ネヴィル・ラブレス英語: Nevill Lovelace, 6th Baron Lovelace、1708年頃 – 1736年7月28日)は、イングランド貴族ホイッグ党所属[1]

生涯編集

第4代ラブレス男爵ジョン・ラブレスとシャーロット・クレイトン(Charlotte Clayton、1749年4月12日没、サー・ジョン・クレイトンの娘)の息子として生まれた[2]。1709年5月に父と兄ジョンが相次いで死去すると、ラブレス男爵の爵位を継承した[2]。爵位を継承した時点でほかの兄弟が全員死去しており、ラブレス家の存命者は第6代ラブレス男爵、その母シャーロットと姉妹マーサのみとなった[3]。その上、ラブレス家の領地は親族にあたる第3代ラブレス男爵ジョン・ラブレス英語版(1693年没)が死去した時点でヘンリー・ジョンソン英語版が継承しており、第6代ラブレス男爵には継承できる財産がほとんど残されていないという[3]

貴族院には1730年1月13日に初登院、1736年5月20日が最後の登院となった[3]。また、1735年に寝室侍従英語版に任命された[2]

1736年7月28日、生涯未婚のまま結核で死去した[3]。後継者がおらず爵位は断絶、遺産は姉妹マーサが継承した[3]

出典編集

  1. ^ "Lovelace, Baron (E, 1627 - 1736)". Cracroft's Peerage (英語). 20 January 2013. 2019年10月19日閲覧
  2. ^ a b c Cokayne, George Edward, ed. (1893). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (L to M) (英語). 5 (1st ed.). London: George Bell & Sons. pp. 168–169.
  3. ^ a b c d e Eagles, Robin (2016). "LOVELACE, Nevill". In Paley, Ruth (ed.). The House of Lords 1660–1715 (英語). 3. Cambridge University Press. p. 719. ISBN 9781107173491
イングランドの爵位
先代:
ジョン・ラブレス
ラブレス男爵
1709年 – 1736年
断絶