ノイリン(Neurine)は、卵黄胆汁死体等に含まれるアルカロイドである。コリン脱水反応で生体組織が腐敗する際に形成される。毒性があるシロップ状の液体で、魚臭がする。

ノイリン
識別情報
CAS登録番号 463-88-7
PubChem 10042
特性
化学式 C5H13NO
モル質量 103.16
外観 Syrupy liquid
への溶解度 Soluble
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ノイリンは、窒素原子に3つのメチル基と1つのビニル基が結合した第四級アンモニウムカチオンである。アセチレントリメチルアミンと反応させて合成される。不安定であり、容易に分解してトリメチルアミンを生じる。

出典編集

  • Merck Index, 11th Edition, 6393.