メインメニューを開く

ノックアウト方式(ノックアウトほうしき)とは、2006年からF1に採用された予選方式。2007年のSUPER GT の第7戦(もてぎ)でも試験的に導入され、2008年のフォーミュラ・ニッポンでは全レースで採用された。

本項ではF1で採用されているルールを取り扱う。

目次

特徴編集

予選を複数のラウンドに分けて、途中のラウンドで一定の順位になれなかったものはノックアウト(敗退)として脱落・順位確定させて勝ち残ったものは次のラウンドに進む。最終ラウンドまで勝ち残ったものはその結果をもって順位が確定し、最も速いタイムを出したものがポールポジションとなる。

出走台数によって第1ラウンドと第2ラウンドで脱落する人数が異なってくる(第3ラウンドは台数に関わらず10人(台))

当初はラウンドの名称が「第1ラウンド」「第2ラウンド」「第3ラウンド」だったが、2006年途中から「Q1」「Q2」「Q3」に変更されたため、この項では2006年の内容は両者を併記、2007年以降の内容は後者で表記する。

予選例編集

2006年ブラジルGPの予選結果である。

順位 No ドライバー コンストラクター マシン Q1 Q2 Q3
タイム 順位 タイム 順位 タイム 順位 Q3タイム差
1 6   フェリペ・マッサ フェラーリ 248F1 1'10.643 1 1'10.775 2 1:10.680 1 -
2 3   キミ・ライコネン マクラーレン MP4-21 1'12.035 10 1'11.386 5 1'11.299 2 +0.619
3 8   ヤルノ・トゥルーリ トヨタ TF106B 1'11.885 6 1'11.343 4 1'11.328 3 +0.648
4 1   フェルナンド・アロンソ ルノー R26 1'11.791 4 1'11.148 3 1'11.567 4 +0.887
5 11   ルーベンス・バリチェロ ホンダ RA106 1'12.017 9 1'11.578 8 1'11.619 5 +0.939
6 2   ジャンカルロ・フィジケラ ルノー R26 1'12.042 12 1'11.461 6 1'11.629 6 +0.949
7 7   ラルフ・シューマッハ トヨタ TF106B 1'11.713 3 1'11.550 7 1'11.695 7 +1.015
8 16   ニック・ハイドフェルド BMWザウバー F1.06 1'12.307 14 1'11.648 10 1'11.882 8 +1.202
9 17   ロバート・クビサ BMWザウバー F1.06 1'12.040 11 1'11.589 9 1'12.131 9 +1.451
10 5   ミハエル・シューマッハ フェラーリ 248F1 1'11.565 2 1'10.313 1 計測タイムなし 10 -
以下、第2ラウンド(Q2)脱落者
11 9   マーク・ウェバー ウィリアムズ FW28 1'11.973 7 1'11.650 11 - -
12 4   ペドロ・デ・ラ・ロサ マクラーレン MP4-21 1'11.825 5 1'11.658 12 - -
13 10   ニコ・ロズベルグ ウィリアムズ FW28 1'11.974 8 1'11.679 13 - -
14 12   ジェンソン・バトン ホンダ RA106 1'12.085 13 1'11.742 14 - -
15 15   ロバート・ドーンボス レッドブル RB2 1'12.530 15 1'12.591 15 - -
16 20   ヴィタントニオ・リウッツィ トロ・ロッソ STR1 1'12.855 16 1'12.861 16 - -
以下、第1ラウンド(Q1)脱落者
17 21   スコット・スピード トロ・ロッソ STR1 1'12.856 17 - - -
18 19   クリスチャン・アルバース MF1 M16 1'13.138 18 - - -
19 14   デビッド・クルサード レッドブル RB2 1'13.249 19 - - -
20 22   佐藤琢磨 スーパーアグリ SA06B 1'13.269 20 - - -
21 23   山本左近 スーパーアグリ SA06B 1'13.357 21 - - -
22 18   ティアゴ・モンテイロ MF1 M16 計測タイムなし 22 - - -

(太字は各ラウンドの最速タイム(トップ通過者))


17位~22位は第1ラウンド(Q1)での脱落者。(グリッドは第1ラウンド(Q1)での予選タイム順
11位~16位は第2ラウンド(Q2)での脱落者。(グリッドは第2ラウンド(Q2)での予選タイム順
PPから10位は第3ラウンド(Q3)での順位がグリッドになる。

予選の流れ編集

選手権参加車両のうち最終ラウンド(Q3)に進出出来るのは10台と決まっており、進出できなかった残りの車両はQ1・Q2で半数ずつが脱落(ノックアウト)となって、脱落者はそれぞれのラウンドにおける順位でグリッドを順次決定する。Q3に進出したドライバーはQ3の結果をもってポールポジションから10位までを決定する。なお、フリー走行でのトラブル等で予選までにマシンあるいはドライバー(若しくは双方)がダメージを追い出走できない場合(通常はTカーおよびリザーブドライバーを用意しているが予選前までに使い果たしている場合もある)、強制的にQ1の最下位扱いとしてスケジュールを進行するため、Q1での脱落者はその都度少なくなる[1]

またQ1・Q2でノックアウトされないタイムをたたき出してもそのラウンドでコース上に車を止めてしまう(クラッシュやマシントラブル、ガス欠などで自走できずピットに戻れない)場合、次のラウンドで走行できない。この際タイムは有効なので次のラウンドに進んではいるが次のラウンドは「記録なし」となる。

ルールの変遷編集

時期 参戦台数 グリッド確定台数 制限時間
Q1 Q2 Q3 Q1 Q2 Q3
2006年 22台 6台 6台 10台 15分 15分 20分
2006年(第11戦~) 15分
2007年
2008年 20分 10分
2008年(第6戦~) 20台 5台 5台
2009年
2010年 24台 7台 7台
2011年
2012年
2013年 22台 6台 6台
2014年 18分 12分
2014年(第17戦~第18戦) 18台 4台 4台
2014年(第19戦) 20台 5台 5台
2015年 20台
2016年(第1戦~第2戦)[2] 22台 7台 7台 8台 16分 14分
2016年(第3戦~) 22台 6台 6台 10台 18分 12分
2017年 20台 5台 5台
2018年

年度ごとの変更点編集

2006年 編集

  • 第10戦まではラウンドの名称が「第1ラウンド」「第2ラウンド」「第3ラウンド」で、第11戦から「Q1」「Q2」「Q3」に変更。
  • 第1ラウンド・第2ラウンドは全車22台が任意の燃料を積んだ(極めて軽い)状態で走り、ラップタイムを記録。セッション終了と同時にラップタイム計測も終了する。ここまでで脱落した12名については、この時点で、自らの車をピットまで戻し、セッティングに変更を加えることが許される。第1ラウンドでは17~22位、第2ラウンドでは11~16位までのグリッドが決定する。第11戦以降はタイム計測がセッション終了時点で走行中の周回まで有効となった。
  • 第3ラウンドに残った10台は決勝スタート時の燃料を搭載し、その量をFIAに申告したうえで最終セッションに臨む。このセッションは第1〜第2ラウンドと異なり、セッション終了時点で走行している周回のラップタイムまでが有効となる。決勝のレース戦略によって各車の燃料搭載量は異なるので、全車が燃料を抜いて実質的に同じ重量で走る最初の2回のセッションと異なり、各車両の重量には差が生じ、これが順位に少なからぬ影響を及ぼすこととなる。速く走るには車が軽いほどよく、下記の通りこのセッションで使用した量と同等の燃料が予選終了後に補充されるため、セッションの前半にできるだけ走行して搭載燃料を減らし(バーンアウト)、セッションの終盤に軽くなった状態でタイムアタックする戦略が見られた。このセッションでのタイム順に従いポールポジションから10位までのグリッドが決定となり、決勝グリッドがすべて確定する。第11戦以降はセッション時間が15分に短縮された。
  • ラウンド間の休憩は各5分間。第11戦以降はQ1〜Q2の休憩が7分、Q2〜Q3の休憩が8分に延長された。
  • 予選終了後に22台の各車両は事前に申告した、Q3走行で減った量を給油された上で、翌日までパルクフェルメ(車両保管区画)に封印される。給油される量は実際に消費した量ではなくグランプリ毎に1周あたりの基準消費量が事前に決められており、その数字にQ3で走行した周回数をかけた量が給油される。ただし、ピットロード出口直後のセーフティーカーライン(SC2)からピットロード入口手前のセーフティーカーライン(SC1)の間の区間タイムが決勝グリッド確定タイムの120%より遅い周は周回数としてカウントされず、燃料の補充もない。

2007年 編集

  • 予選終了後に引き続きセッション中に周回した分の燃料が補充されるが、上述120%ルールが廃止され、いかなるタイムの周回でも1周(SC2からSC1を走行)すれば燃料補充の対象となる。

2008年 編集

  • Q1の制限時間が20分間となり2007年より5分長くなる。
  • Q2までで脱落した12名については、決勝用に給油はできるがパルクフェルメに保管された扱いになるのでセッティング変更はできない。
  • Q3に残った10台は決勝で予定している量まで燃料を給油し、その燃料搭載量をFIAに申告し、8分の休憩をはさんで後に行われる10分間(2007年より5分短縮)の最終セッションに挑むことができる。このセッションに参加する10台は決勝スタート時の搭載量まで燃料が給油されているため重い。しかし2007年と違いQ3での燃料使用分の返却がなくなり、また時間も短くなったためバーンアウトは行われなくなった。[3]
  • 予選終了後、22台の各車両は翌日までパルクフェルメ(車両保管区画)に封印される。部品の不具合などで禁止項目に該当しない場合は修理することができるが、禁止項目に該当する場合はグリッド降格ペナルティなどを覚悟の上で修理することになる(エンジンの場合10グリッド、ギアボックスの場合5グリッド、それぞれ降格、セッティング変更の場合ピットレーンスタート、など)。
  • 第4戦スペインGPをもってスーパーアグリが撤退した。それに伴い、第5戦・トルコGP以降は参戦台数が20台となった。従って、前述のとおり、Q1・Q2でのグリッド確定台数は各5台に変更。

2009年 編集

  • 予選終了後、主に各ドライバーの決勝前に搭載する燃料量を公にするため、FIAがすべてのマシンの重量を公表することとなった。又、11位以下のドライバーは燃料搭載量を申告によって変更する事が許された。それ以外は2008年と同様。

2010年 編集

  • レギュレーション上は26台であったがUS F1の不参加により事実上24台に置き換えたルールとなった[4]
  • レース中の給油が禁止となった為、Q3では燃料搭載量を非常に軽量にして走行する事が可能であった[4]。予選終了後に、レース走行分の燃料を再充填された。

2011年 編集

  • 基幹となるルールは2010年と同様であるが、Q1においては107%ルールが復活した為にQ1のトップタイムに107%を掛けたタイムを記録しなければ決勝レースの出場権利に対する審議に掛けられることとなった。107%ルールに抵触した後の審議で出走が認められなかった場合、予選落ちとなる。

2012年 編集

変更点は無し

2013年 編集

  • HRTの撤退により、Q1・Q2でのグリッド確定台数は各5台に変更。
  • 予選中、コース上にストップしたマシンに対する不可抗力条項を廃止。マシンには最低でもピットに戻るまでに必要な1周分の燃料と、サンプル提出用の1Lの燃料を搭載しなければならない。2012年のスペインGP(ルイス・ハミルトン)とアブダビGP(セバスチャン・ベッテル)の予選失格事例を受けての措置。

2014年 編集

  • Q1のセッション時間が20分から18分へ短縮、Q3のセッション時間が10分から12分へ増加。
  • Q3専用のオプションタイヤが用意される。このタイヤはQ3進出者は予選後に返却するが、Q1・Q2敗退者は決勝に持ち越すことができる。
  • Q3進出者はQ2で自己ベストを記録したタイヤで決勝をスタートする(従来はQ3で自己ベストを記録したタイヤ)。Q1・Q2敗退者は従来と変わらず、タイヤを自由に選んで決勝をスタートできる。
  • マルシャ第17戦アメリカGPから第19戦アブダビGPに不参加、ケータハムは第17戦アメリカGPと第18戦ブラジルGPに不参加。そのため、Q1・Q2でのグリッド確定台数は第17戦~第18戦では各4台、第19戦は各5台に変更。

2015年 編集

  • ケータハムの撤退により、Q1・Q2でのグリッド確定台数は各5台に変更。

2016年編集

  • 第2戦バーレーンGPまで、後述する新予選ルールで行われたが、第3戦中国GP以降は従来のノックアウト方式に戻された。
  • ハースの加入により、Q1・Q2でのグリッド確定台数は各6台に変更。
  • タイヤルールの変更に伴い、予選Q3用オプションタイヤが廃止になり[5]レース毎にタイヤメーカー[6]が予選用タイヤ1セットのコンパウンドを指定する。Q2以下で敗退したドライバーはこの予選用タイヤを決勝レースに持ち越すことが出来る。

2017年 編集

  • マノーの撤退により、Q1・Q2でのグリッド確定台数は各5台に変更。

2018年 編集

変更点は無し

新予選ルール編集

2016年より予選ルールが大きく変更され、ノックアウト方式をベースにした新たな予選方式が導入されたが[7]、非常に不評だったためわずか2戦で終了し、第3戦より2015年の形式(ただし前年と出走台数が異なるため、Q1で22台→16台、Q2で16台→10台となる)に戻された[8]

2016年 編集

選手権参加台数は22台

  • 第1ラウンド(Q1)
セッション時間は16分。開始から7分後の時点でのタイムシート最下位がノックアウト、以後1分30秒ごとにその時点での最下位がノックアウトとなる。Q1では計7名がノックアウト、15名がQ2進出。
  • 第2ラウンド(Q2)
セッション時間は15分。開始から6分後の時点でのタイムシート最下位がノックアウト、以後1分30秒ごとにその時点での最下位がノックアウトとなる。Q1では計7名がノックアウト、8名がQ3進出。
  • 第3(最終)ラウンド(Q3)
セッション時間は14分。開始から5分後の時点でのタイムシート最下位がノックアウト、以後1分30秒ごとにその時点での最下位がノックアウトとなる。最後の1分30秒は残った2名でポールポジションを争う。
  • 予選終了後
2014年と同様。

注釈編集

  1. ^ 例として、2015年オーストラリアGPではマノー・マルシャの2台がソフトウェアのトラブルで予選に出走できなかったため、予選Q1ではこの2台を最下位扱いとして進行し16~18位の3台がQ1ノックアウトとなった。
  2. ^ 後述する「新予選ルール」で行われた。
  3. ^ バーンアウトは実質的な計測ラップではない(バーンアウト時もタイム自体は計測されている)ため無駄に燃料を消費し環境に悪影響を与える、という理由で環境団体などからクレームがおきていた。
  4. ^ a b “2010年F1レギュレーション:予選手順などが変更”. F1 Gate.com. (2009年8月20日). http://f1-gate.com/other/f1_4486.html 2011年5月12日閲覧。 
  5. ^ 「オプションタイヤ」という呼称そのものが無くなった。
  6. ^ 2016年現在はピレリ
  7. ^ 新予選、Q3のラスト90秒は1対1のタイムバトル ” (2016年2月25日). 2016年2月25日閲覧。
  8. ^ 予選は中国GPから2015年形式が復活 - ESPN F1・2016年4月8日