メインメニューを開く

ノース・アクトン駅

イングランドの鉄道駅

ノース・アクトン駅(ノース・アクトンえき、英語: North Acton Station)は、ロンドン・アクトンにあるロンドン地下鉄セントラル線の鉄道駅である。1923年設立。開業当初は、2面2線の相対式ホームを持つ地上駅であった。セントラル線(イーリング・ブロードウェイ支線)の列車が発着する。

ノース・アクトン駅
North Acton station
North Acton stn entrance.JPG
ノース・アクトン駅の位置(グレーター・ロンドン内)
ノース・アクトン駅
ノース・アクトン駅
グレーター・ロンドンの地図上でのノース・アクトン駅の位置
所在地

ノース・アクトン英語版

北緯51度31分24.96秒 西経0度15分34.92秒 / 北緯51.5236000度 西経0.2597000度 / 51.5236000; -0.2597000
行政区 イーリング
運営 ロンドン地下鉄
路線 セントラル線
ホーム数 3
ゾーン 2 及び3
地下鉄年間乗降員数
2008 増加 5.100百万人[1]
2009 減少 4.716百万人[1]
2010 増加 4.810百万人[1]
歴史
1923年 (1923) 開業
WGS84 北緯51度31分25秒 西経0度15分35秒 / 北緯51.5236度 西経0.2597度 / 51.5236; -0.2597座標: 北緯51度31分25秒 西経0度15分35秒 / 北緯51.5236度 西経0.2597度 / 51.5236; -0.2597
テンプレートを表示

この駅はトラベルカード・ゾーン3に属する。なお、この駅でトラベル・ゾーン2になる。

目次

駅構造編集

単式ホーム1面1線、島式ホーム1面2線の計2面3線ホームある地上駅である。なお、中線はおもに当駅どまりの折り返し列車が使う。

ホームは南北方向に伸びており、都心方面の東行きの列車は南を先頭に、イーリング・ブロードウェイ駅行き、ウェスト・ライスリップ駅英語版行きは北を先頭にして発着する。駅は、国道A40とA400の交差点から北に約300m行ったところにある。駅は、くぼ地の底にあるため、道路よりも約3階分ぐらい低いところを走っている。駅東側には、ナショナル・レールの線路がありまれに回送電車などが走行をする。

駅の西側300m付近にはポイントがある。これは、ウェスト・アクトン駅方面とウェスト・ライスリップ駅方面の列車が分かれるためである。

運行間隔編集

この駅でウェスト・ライスリップ駅方面の列車とイーリング・ブロードウェイ駅と合流するため、この駅から東側はおおむね5分間隔になる。逆にイーリング・ブロードウェイ駅方面の列車とウェスト・ライスリップ駅方面の列車は5分間隔に来る。大抵の場合、交互に来る。

駅周辺編集

駅周辺には目立った建物は無い。駅の周りはA40との交差点があるということで、一方通行道路にある。

駅の目の前にはバス停がある。このバス停からはルート260とルート266、ルート440、ルート487のロンドンバスが出ている。440はストーンブリッジ・パーク駅とガナズベリー・パワー・ロードを結んでおり、約10分間隔で走っている。266は、ハマースミス駅ブレント・クロス間を約7分間隔で24時間走っている。なお、266のブレント・クロス行きのバスは駅の目の前から出ているが、266のハマースミス行きを利用する人は地形の関係から歩いて100m東側にあるバス停まで歩かなければならないのである。また、駅の南にあるA40にルート95が止まるバス停がある。

隣の駅編集

ロンドン交通局
ロンドン地下鉄
セントラル線
ウェスト・ライスリップ支線
ハンガー・レーン駅英語版 - ノース・アクトン駅 - イースト・アクトン駅
イーリング・ブロードウェイ支線
ウェスト・アクトン駅 - ノース・アクトン駅 - イースト・アクトン駅

脚注編集

  1. ^ a b c Multi-year station entry-and-exit figures   (XLS)”. London Underground station passenger usage data. ロンドン交通局 (2014年). 2015年3月31日閲覧。