ノート:タンバリン

話題を追加
アクティブな議論

シンバル?編集

「ジル」のほうがよい気がするのですが・・・。--ぱーかす会話) 2015年11月22日 (日) 08:54 (UTC)

主なメーカー編集

「主なメーカー」から「メーカー」に編集されていましたが、ほかの楽器でも「主なメーカー」となっているようなので、差し戻しました。--ぱーかす会話) 2016年3月11日 (金) 01:06 (UTC)

「タンバリン」への改名提案編集

「タンブリン」という一般に見慣れない見出し語になっていたため、コトバンクで簡単に調べてみたところ、ブリタニカ国際大百科事典で「タンブラン」が主見出しになっている以外、デジタル大辞泉・百科事典マイペディア・世界大百科事典 第2版・大辞林 第三版・日本大百科全書(ニッポニカ)・精選版 日本国語大辞典では「タンバリン」が主見出しになっているようです。Wikipediaが百科事典であることを考えると、特に理由がなければ他の百科事典(上記は国語辞典を含んでいますが)と同様の見出し語を採用するのがよいかと思われますが、いかがでしょうか。ご意見をお待ちしています。--竹田会話) 2019年3月3日 (日) 15:35 (UTC)

  •   賛成 随分昔にこの記事を見て、不思議に思っていたのを思い出しました。改名に賛成です。--totti会話) 2019年3月8日 (金) 18:12 (UTC)
  •   賛成寄りコメント 私の方で調査を行った結果を以下に示しますが、音楽関連の事典だと「タンブリン」の方が優勢だった一方、百科事典や国語辞典だと「タンバリン」が圧倒的に多かったです。「タンブリン」はドイツ語のtamburinを片仮名に音写したものと思われます(参考:Yahoo!知恵袋Google翻訳による読み上げ)。ちなみに学校の音楽の教科書では現在も「タンブリン」の表記を用いているようです(三省堂現代新国語辞典 2019)。--本日晴天会話) 2019年3月9日 (土) 17:08 (UTC)
  1. 「タンバリン」を主見出しにしている事典・辞書
    1. 『大百科事典』 9巻平凡社、1984年。  『世界大百科事典』 17巻(改訂新版)平凡社、2007年。ISBN 9784582034004 も同様)
    2. 『マイペディア : 小百科事典』平凡社、1995年、888頁。ISBN 4582095313 
    3. 『音楽大事典』 3巻平凡社、1456頁。 
    4. 網代景介、岡田知之 『打楽器事典』音楽之友社、1981年、137頁。ISBN 4-276-00160-9 
    5. 『朝日新聞のカタカナ語辞典』、河合伸 監修朝日新聞社、2006年、251頁。ISBN 4-02-222073-2 
    6. 『大きな文字で読みやすい三省堂新カタカナ語辞典』三省堂、2004年、442頁。ISBN 4-385-13494-4 
    7. 三省堂編修所 編 『新辞林』、松村明ほか 監修三省堂、1999年、1185頁。ISBN 4-385-14029-4 三省堂編修所 編 『辞林21』(机上版)三省堂、1993年、1299頁。ISBN 4-385-14027-8 も同様)
    8. 『現代国語例解辞典』、林巨樹 監修小学館、1985年、983頁。ISBN 4-09-501041-X 
    9. 『講談社国語辞典』、桐原徳重ほか 監修(第2版、デスク版)講談社、1992年、751頁。ISBN 4-06-123138-3 
    10. 西尾実、岩淵悦太郎、水谷静夫 編 『岩波国語辞典』(第7版)岩波書店、2009年、925頁。ISBN 978-4-00-080046-4 
    11. 『国語大辞典言泉』岩波書店、1986年、1479頁。ISBN 4-09-501021-5 
    12. 見坊豪紀、金田一京助、金田一春彦 他 編 『大きな活字の三省堂国語辞典 : 2色刷』(第六版)三省堂、2008年、846頁。ISBN 978-4-385-13177-1 
    13. 『新潮国語辞典』、山田俊雄ほか 編修(第二版)新潮社、1995年、1318頁。ISBN 4-10-730212-1 
    14. 『国語大辞典』(新装版)小学館、1981年、1596頁。ISBN 4-09-501002-9 
    15. 新村出 編 『広辞苑』(第七版)岩波書店、2018年、1853頁。ISBN 978-4-00-080131-7 
    16. 小学館辞典編集部 編 『現代国語例解辞典』、山田俊雄ほか 編修(第五版)小学館、2016年、890頁。ISBN 978-4-09-501035-9 
    17. 山田忠雄、柴田武、酒井憲二 他 編 『新明解国語辞典』(第七版)三省堂、2012年、951頁。ISBN 978-4-385-13107-8 
    18. 松村明ほか 編 『大辞林』(第三版)三省堂、2006年、1596頁。ISBN 4-385-13905-9 
    19. 小学館大辞泉編集部 編 『大辞泉』、松村明 編修(第二版)小学館、2012年、2301頁。ISBN 978-4-09-501213-1 
    20. 日本国語大辞典第二版編集委員会、小学館国語辞典編集部 編 『日本国語大辞典』 8巻(第二版)小学館、2001年、1256頁。ISBN 4-09-521008-7 
    21. 小野正弘、市川孝、見坊豪紀 他 編 『三省堂現代新国語辞典』(第六版)三省堂、2019年、866頁。ISBN 978-4-385-14063-6 
    22. 山口明穂、和田利政、池田和臣 編 『旺文社国語辞典』(第十一版)旺文社、2013年、936頁。ISBN 978-4-01-077721-3 
    23. 時枝誠記、吉田精一 編 『角川国語大辞典』角川書店、1982年、1319頁。ISBN 4-04-011102-8 
  2. 「タンブリン」を主見出しにしている事典・辞書
    1. 岩田晏実ほか 『実用音楽用語事典』ドレミ楽譜出版社、2004年、168頁。ISBN 4-8108-8164-4 
    2. 『世界の音楽大図鑑』、金澤正剛 日本語版監修河出書房新社、2014年、16,24,43頁。ISBN 978-4-309-25554-5 
    3. 黒沢隆朝 『図解世界楽器大事典』雄山閣出版、1984年、120頁。ISBN 4-639-00351-X 
    4. 『クラシック音楽事典』、戸口幸策 監修平凡社、2001年、227頁。ISBN 4-582-12717-7 
    5. 音楽之友社 編 『標準音楽辞典』 ア-テ巻(新訂, 第2版)音楽之友社、2008年、1090頁。ISBN 978-4-276-00007-0 
    6. 金田一春彦、池田弥三郎 編 『学研国語大辞典』(第二版(机上版)版)学習研究社、1988年、846頁。ISBN 978-4-385-13177-1 
    7. 『講談社カラー版日本語大辞典』、梅棹忠夫ほか 監修講談社、1989年、1232頁。ISBN 4-06-121057-2 
  3. 事典・辞書以外の書籍における「タンバリン」の使用例
    1. 『楽器 : 歴史,形,奏法,構造』マール社、1992年、154頁。ISBN 4-8373-0710-8 
    2. Max, Wade-Matthews 著、別宮貞徳 訳 『世界の楽器百科図鑑 : 楽器の起源と発展』東洋書林、2002年、188頁。ISBN 4-88721-583-5 
    3. 『はじめての打楽器メンテナンスブック』、ヤマハ株式会社 監修ヤマハミュージックメディア、2013年、146頁。ISBN 978-4-636-88416-6 
    4. 田中覚 『これでOK!打楽器メンテナンス : コンサートパーカッションのチューニングと調整』音楽之友社、2015年、86頁。ISBN 978-4-276-14560-3 
    5. 冨田篤 『もっと音楽が好きになる上達の基本パーカッション』音楽之友社、2019年、65頁。ISBN 978-4-276-14591-7 
    6. 竹島悟史 『パワーアップ吹奏楽!パーカッション』ヤマハミュージックメディア、2016年、10,29頁。ISBN 978-4-636-92004-8 
    7. オザワ部長 『みんなのあるある吹奏楽部 : ARUARU ACADEMY』新紀元社、2013年、112頁。ISBN 978-4-7753-1126-4 
  4. 事典・辞書以外の書籍における「タンブリン」の使用例
    1. 大塚敬子 『打楽器がうまくなる本』音楽之友社、1997年、17頁。ISBN 4-276-31284-1 
ご意見ありがとうございます。本日晴天様、詳しい調査をありがとうございます。音楽事典では「タンブリン」とする慣習が多く、また教科書でも「タンブリン」としているものの、それが正式名称といえるようなものではなさそうですね。Wikipediaの性質を考えると、やはり一般的な事典で採用されている「タンバリン」を採るのがいいと思います。1週間待ってはっきりした反対意見がなかったので、改名ということにいたします。--竹田会話) 2019年3月11日 (月) 14:27 (UTC)
改名を実行し、それに合わせて本文を編集しました。--竹田会話) 2019年3月11日 (月) 14:35 (UTC)
ページ「タンバリン」に戻る。