話題追加

「備考」について編集

下で「関連項目」について提起したこととはまた別ですが、「備考」の段落に気になる記述がありましたので修正。

同種同質集団の中にあっては人材は見出されない。これは押並べて平均値しか持たないためである。従来の日本式教育方法では、同種同質な存在の集団を育成する事に邁進したため、平均値は上がったが、逆に刮目に値する人材が見出し難くなっている部分もある。

「押並べて平均値しか持たない」「同種同質集団」とは具体的にどのような集団を指しているのでしょうか。人材には突出した能力が求められるという点での例え話として架空の集団を想定したのかも知れませんが、この書き方だと日本の教育はそのような集団の育成を目指し、かつ実現したかのように捉えられてしまいします。確かにいわゆる従来式の日本の教育では、広く浅い分野の知識を習得することを目指したものだとは思いますが、それを「同種同質」と言い放つのは行き過ぎでしょう。

また「刮目に値する人材が見出し難くなっている」とは具体的にいつ頃からの話で、そもそもそのような事実はあるのでしょうか。たとえば「従来型」の教育を受けたであろう団塊世代の離職が危惧されているのは(2007年問題)、まさに彼らが「人材」たりえたからではないのでしょうか。

ほか、小段落において冗長で読みづらかった部分を整理しました。--かける 2007年7月18日 (水) 07:11 (UTC)返信[返信]

整理ご苦労様です。問題個所記述者として、一応コメントしておきます。
団塊世代は、集団就職の例に見るように、第二次大戦中は国内産業を支えるのに必要な労働者層まで徴兵してしまったために労働人口に大きな空洞ができてしまったため、大戦後の高度経済成長期に急速に都市部で労働力需要が増した結果として、一定水準(義務教育卒業)にある者から雇用が進んだのであり、この中に格段に秀でていたために後に人材として珍重された・要職にまで上り詰めた者が含まれるとはいえ、その全てが優秀だった訳でもありません。彼らはむしろ現代ではまだ高校生や大学生として学生をやっている年代に社会に出て、青春時代を実社会の様々な分野に於ける先輩の薫陶を受け育った世代でもあり、まだ社会が完全に膠着していなかった時代の最後の世代…かもしれません。
その一方でゆとりだ個性だという価値観が盛んに教育で騒がれだした1990年代には、その前時代において「芳しからざる現象」が発生したと推察されます(問題が無ければ、現行システムが継承されるでしょうから)。この辺りは「どう芳しくなかったか」まで言及すると管理教育とか辺りに見るような悲惨な記事(冗長で非NPOV的な記述が並ぶ)になりかねないかもしれませんので、一々記述したくも無い部分ですけど。
一応本項では「特定の方向に才能を発揮する人物」を人材と位置付けておりますので、その対比対象として「非凡ならざる才覚を持たざる人物の集団」(母集団)がある訳で、それは常に様々な対比の中で常に「平均的な存在」として欠くことのできない要素であると考えます。
現代に於ける人材不在論に関しては、しばしば財界人の言や著書に散見されるため、ついダラダラ~っと書いてみました。
「優秀な団塊世代」という視点に関しては、一種の蠱毒の作り方みたいなモンじゃなかったかと(漏電中)。その意味で競争から大量にドロップアウトして行く者が出るのを前提としたシステムが現代社会でどれだけ機能するかは微妙かもしれません(体調崩し中なんで、ダラダラ書いてすまん)。--夜飛/ 2007年7月18日 (水) 10:43 (UTC)返信[返信]
少しだけ。人材の位置づけを「特定の方向に才能を発揮する人物」とする事が引っかかります。例えばいわゆる「人材派遣」の「人材」は必ずしもスペシャリストに限らないのではないでしょうか。--かける 2007年7月18日 (水) 12:32 (UTC)返信[返信]
人材派遣業は、求められる技能を持つ人を派遣して、初めて機能する業態です。例えばプログラマーの募集に、ジャガイモ栽培の権威を送り込んだところで意味を成しません。その意味では、プログラマーの募集にパソコンオタクを送り込むと難があるのですが、そのパソコンオタクが少なくともJIS配列のキーボードが叩けるなら、マウスのコードを引っつかんでヌンチャクみたいに振り回して奇声を上げることしかできない人物よりかはよっぽど人材(最低限必要な技能を持ち、才能を発揮できる存在)なのです(漏電中)。--夜飛/ 2007年7月18日 (水) 13:41 (UTC)返信[返信]

(インデント戻しました)捉え方の違いなのかも知れませんが、夜飛さんの言うところの「人材」が、相対的にも絶対的にも類稀なる能力を持っていなければいけないかのように見えてならないんです。たとえば登録バイト式の人材派遣業などは、空いた時間に気軽に仕事を入れられることを売りにしているところもありますよね。特定の技能が必要な業種はもちろんあるでしょうが、習熟の必要が薄く、従業者の数を第一に求める業種においてもその人手は「人材」と呼ばれているはずです。何にせよ「人材」は重要度の高い語であろう割には編集があまりされていないので、多くの方の目と手に触れることを願います。--かける 2007年7月20日 (金) 02:39 (UTC)返信[返信]

その理屈も判りますが…特定業種でバイト君が人材派遣業から供給され役立ったとしても、他の業種で同じバイト君が来ても困る(秘書を頼んだのにバイト敬語で「すんませーん、ナニしたら良いッすか~?」ってやられたら目もあてられない)し、人材派遣業の業態一つを取って全てを語るべきではないと考えます。ただ現行の記述は一部で人物属性のようになっている部分もあるので、この辺りを「社会(組織)が求める能力を保有している(或いは獲得する余地が有る)人物」であると共に「求められる能力は組織によってまちまち(単純労働力が不足している場合は、不足分の労働力を供給することができればよい)である」と方向修正するのは吝かではありません。ただ…形こそ違え、似たようなことは冒頭部分にもあるんですが…後でもう一度、見かえしてみますが。--夜飛/ 2007年7月20日 (金) 03:28 (UTC)返信[返信]

関連項目の編集について編集

自分が削除した以下の部分について。
おたく人種は偏っているが、中にはその特殊性を持って引き立てられる人も稀に見られ、現在の漫画・アニメ産業分野では、それらおたくから見出された人材も多く活躍している。とはいえ全てのおたくが人材たりえる訳でもない。
おたく」に明確な定義は存在しないにも関わらず、一定の人物的傾向があるかのように扱っているのが問題です。敢えて「おたく」のみを具体例として挙げるのも偏っていますが、それ以上に「おたく」についての認識も偏っていると判断したため削除しました。この記述に拘るのであれば、人物的傾向をより適切に表す他の語を用いるべきです。--かける 2007年7月2日 (月) 11:02 (UTC)返信[返信]

いわゆるおたくにはネガティブな意味合いが付き纏いますが、その一方でメディア産業筋には少なからずオタク気質的な者がいるという意味合いから付与しました。敢えて例に挙げたのは一つの具体的な特異例として、余りに特徴的であるためです。本当なら例として文中に挙げても良かったのですが、類型が羅列されても困るし、蛇足っぽくも書いてみた訳ですが。まあ「全ての~人材たり得る訳ではない」の辺は、「アドルフヒトラーがドイツ人だからといって、全てのドイツ人がファシストでナチという訳ではない」のとある意味一緒ですけど。
ところでかけるさんのイメージする「おたく」は広義のオタクですか?狭義のオタクですか?(おたくの項参照)小生としては狭義のオタクとして一つの例に挙げましたが、「認識が偏っている」とおっしゃるからには、何らかの具体的なイメージないし知識があってのことと存じます。他方人材に関しても、小生としては「適材適所」という言葉が示す通り、どんな益体無い奴だろうとも利用の仕方は幾らでもあると考えています。別に記述には拘っちゃおりませんが、一つの例として挙げた手前、「ならばもっと適切な例があったら置き換えてみてください」と申し上げたく思います。--夜飛/ 2007年7月2日 (月) 11:29 (UTC)返信[返信]
例に挙げられていたように、「オタク的」なメディア産業従事者に「オタク気質」な者が多いというならば、趣味の延長を職業にするという点であらゆる職種に似たような傾向が見られるのではないでしょうか。そもそも「オタク『気質』」とはどういったものを指すのですか?「狭義のオタク」のうち、さらにアニメや漫画のファンに絞ったとしても、同じような「気質」がみられるのでしょうか。
僕自身「おたく」に明確なイメージを持たない(厳密には文脈による)からこそ気になった次第です。元の記述ではどちらであるのかすら触れられていないではないですか。また、適切な例が見あたらないうちは保留するのが無難だと思われます。--かける 2007年7月2日 (月) 12:09 (UTC)返信[返信]
「さらに~絞ったとして」の辺りで、既に広義のオタクのイメージが混在している気もしますが…まあ広義のオタクにしても「趣味と言う範疇を超えて対象の属する分野に没入している」と言う点で、一種独特の偏向があり、その一部に特定業態で役立つ資質が見出せる訳ですが、ある種のステレオタイプとして存在する秋葉系ともなると対人関係が築けなくて、人材になり難いでしょうね。もっとも、ステレオタイプの常として「果たしてそれに厳密に適合する存在がいるのかどうか」すら微妙ですが。
『僕自身「おたく」に明確なイメージを持たない』というよりは、あまり厳密に定義づけられたイメージを持たず曖昧模糊としたイメージと所定のベクトルを持った感情(いわゆる偏見?)を持っているとお見受けします。小生としては記述には拘らずもっと珍奇な人間性(傾向や嗜好・性癖・価値観など)に関連した例を出しても良いのですが、取り留めないので止めておきます。かけるさんは何か具体的で妥当な例でもあったら遠慮せず記述してみてくださいね。--夜飛/ 2007年7月2日 (月) 12:41 (UTC)返信[返信]

当て字について編集

人在は言われた仕事しかしない人間のことを指しますが、言われた仕事すらしないのは人在と言わないのでしょうか社内ニート同様本当の意味でただ在るだけの人間は後者の方だと思いますが...--211.131.16.181 2010年9月4日 (土) 15:34 (UTC)返信[返信]

  コメントどうも「座布団を孵すことに専念している人」(漏電中)は給料泥棒的な意味で「人罪」で括られそうです。このコラムが興味深いです。--夜飛/ 2010年9月5日 (日) 02:16 (UTC)返信[返信]

「人材」という日本語のご解釈について編集

本来の国語意味と異なるため、それを明示したうえで、記述追加を行いました。 これに意義のあるかたは、根拠を含めこちへご記入ください。 よりより百科事典のために。--rice(kminowa)会話) 2012年3月27日 (火) 06:47 (UTC)返信[返信]

すなわち何らかの所有物(以下云々)」の箇所は、完全な誇大解釈といわざるを得ません。どんな国語辞典(辞典の例)を紐解いたのかは存じませんが、憲法云々に関しては非百科事典的な個人に内在する価値観や情報の合成物(独自解釈)の域にあると考え、差し戻した次第です。更にいえば、上に挙げた辞典を紐解いた限りでも、Kminowaさんの解釈を補強するものは全く見出せませんので、差し戻し(ついで若干調整)いたします。Kminowaさんの会話ページでも述べましたが、ウィキペディアが何ではないかをご理解願います。--夜飛/ 2012年3月27日 (火) 07:28 (UTC)返信[返信]
上記に書いてあるとおり、合意形成を行ってください。こごの主張がぶつかった場合は、編集を実施する前に合意形成を行うことが基本です。ノートでの議論を提案しましたが、合意形成をせずに、独占的にリバートを実施しているため、該当ページを再リバートし、保護依頼を実施いたします。--rice(kminowa)会話) 2012年4月16日 (月) 08:09 (UTC)返信[返信]
編集を実施する前に合意形成を行なって下さい。あなたもリバートは行なわないでください。以上です。--Hman会話) 2012年4月16日 (月) 08:45 (UTC)返信[返信]
(>Kminowaさん)既に申し上げたとおり、憲法云々は誇大解釈でしかなく、情報の合成(しかも主体である「人材」の説明からしたら逸脱した言説)に過ぎません。まして自身の版への執着を見せるに至っては、主張レベルのモチベーション発露が疑われます。小生としては、冒頭で説明をグダグダ風味の藪の中に放り込むのは全く益がないと考えています。なお、合意形成云々と申されておられますが、あなたが関与する前の版に現状復帰するならまだしも、(「人材」という観念に対する)あなたの主張を反映させた版がウィキペディアの理念や方針(WP:NOT/WP:NOR/WP:NPOV/WP:POL)を損なうのであれば、小生にあなたを説得する義務は発生しませんのであしからず。--夜飛/ 2012年4月16日 (月) 09:10 (UTC)返信[返信]
ひとまず、保護依頼はしましたので、具体的に問題だと思う部分についてご指摘頂き、修正案をご提示ください。それと言葉遣いについては、品位をもってご記入ください。改定案の記述例をお待ちしております。--rice(kminowa)会話) 2012年4月16日 (月) 09:37 (UTC)返信[返信]
(Res.)改定案は2012年3月27日16:48版となりますが、基本的に冒頭解釈は前述辞書と広辞苑第4版に拠っており、余計な解釈(独自研究レベルの情報の合成)を付与することは全く不適切と考えております。--夜飛/ 2012年4月16日 (月) 10:00 (UTC)返信[返信]
  • なお本件は一方的な記事保護依頼などで解決されるものではなく、第三者による当事者を抜きにした合意こそが必要と考えるため、コメント依頼を提出しました。--夜飛/ 2012年4月16日 (月) 10:26 (UTC)返信[返信]
  • 内容には踏み込みませんが保護依頼と同時に自分の版に差し戻しているのは問題と判断しましたので差し戻しました。わざわざ自分の版にした上で保護依頼を行うのはWikipedia:腕ずくで解決しようとしないと取られかねませんので・・・--Aquamarin456会話) 2012年4月16日 (月) 11:53 (UTC)返信[返信]
    •   コメント 一応保護依頼中は事実保護依頼中ですので、テンプレートだけは復旧しておきました。--Hman会話) 2012年4月16日 (月) 12:13 (UTC)返信[返信]
    •   コメント 現在の記事内容を読ませていただきましたが、個人的には定義文の「人材(じんざい)とは、才能があり、役に立つ人物」「人才とも」や概要での「人材は、才能によって物事をうまく処理できる人物のこと」「組織の中で適所に配する事により能力を発揮、組織の機能を向上させる存在である」という記述以外は同意できません。この言葉は西洋合理主義による人を基本財とする思想や概念が背景にあって、"human resource"を表したものでしょうが、人の存在を組織側から見たものであって、(より広範で枠が曖昧な)社会側から見たものではないでしょう。人の能力を組織という枠内限定で評価する姿勢があり、枠を除外した個人の全人格や全能力を評価する姿勢は含まれていないように思えます。"human resource"の直訳である「人的資源」が適訳かは微妙な気がします。"resource"と「資源」では意味に大きなズレがあり、"human"と「人間」「人」もやや異なる気がするためです。(「人的資源」を引き合いに出すべきではないというのではありません。)また関係するが異なるものとして"human capital"(経済的な視点で「人的資本」)があるように思われます。この辺の関係を出典を元に記述戴ければ良いと思うのですが、辞書のようにごく短い記事となるのを避けたいがためなのでしょう、本論を正面から捉えるのではなく瑣末な内容が書き加えられているようです。特に「日本……現象」節では「人材」という主題から「就業環境」へと説明が逸脱しており、情報の合成による独自研究も危惧されます。「備考」節はまったく無用な独自研究ですね。主題そのものの詳しい説明が出典を伴った形でできないのであれば、短い辞書的記述だけのスタブ記事で我慢するしかないでしょう。--Shigeru23会話) 2012年4月17日 (火) 03:29 (UTC)返信[返信]
    •   コメント 保護されている版がいずれかにかかわらず、合意形成の前に、保護依頼が外れていますが、これは何か理由があるかご存じの方はいらっしゃいますでしょうか?--rice(kminowa)会話) 2012年5月31日 (木) 10:45 (UTC)返信[返信]
      • (Res.)ただの依頼自動失効([1][2][3])ですね。本項に保護が掛けられたことはありません([4])。--夜飛/ 2012年5月31日 (木) 11:19 (UTC)返信[返信]
ページ「人材」に戻る。