ノート:居合道

話題を追加
アクティブな議論

不適当な位置にあった項目を移動。編集

--韓国による居合の起源捏造問題--

韓国では、日本の居合の源流は韓国にあるとする居合の起源の捏造問題がおこっている。 韓国において、日本で居合道を学んだものが、居合道を韓国読みにしたコハプトと言う名で居合道を教えているが、 その際に
「居合道は韓国が起源」
「韓国固有の伝統剣術」
「日本が自慢している居合道は、高麗時代日本に渡っていった我々の剣術に過ぎません」
と捏造し、問題となっている。

実際には、二次大戦以前に、現在のような「居合道」形式の武術は韓国には一切なかった。 現在行われているコハプトは、技や服装を韓国式にかえただけのものである。

日本刀を用いた居合道は、当然、日本固有のものであるが、韓国においては、 日本刀ですら韓国起源と主張されるいう韓国刀問題がおこっている。

現状の居合道の記事では、この項目は異質なものです。この記述を残したい場合は、新しく居合道起源捏造問題などの記事を作成されることを推奨します。Pluto 2006年1月30日 (月) 04:53 (UTC)

武道ひとつひとつに(武道に限らないですが)捏造問題記事を立てるつもりでしょうか。捏造問題はまとめてひとつで充分だと思います。Tietew 2006年1月30日 (月) 04:57 (UTC)
まあ、その通りですね。ほかにどういったものがあるのか考えてみたのですが、確か茶道など?もありましたよね、となると記事名は「日本文化の捏造問題」あたりでしょうか。韓国刀に記述して、記事名を変更するというのも良いかと思います。Pluto 2006年1月30日 (月) 05:09 (UTC)
大韓居合道連盟(KOREA IAIDO FEDERATION)[1]のホームページで確認したところによると韓国が起源であるという記述なし。「500年前に林崎甚助重信という剣術人が考案した刀法である」と書いてあります。あと,柔道があるのにユド、ユスル(北朝鮮では柔道をこう呼ぶ)など韓国語の読み方で立ててもらっても韓国語版で記事を作る際に大変困ります。(言語リンクを二つ貼らなければならない)--H.L.LEE 2006年1月30日 (月) 05:15 (UTC)
コハプトにいろいろ書かれていますね、ってよく考えれば(統合するか否かは別として)コハプトに書けばいいではないですか。少なくとも居合道で長々と書く必要はないですね。Tietew 2006年1月30日 (月) 05:17 (UTC)
前から捏造問題関係の外部リンクには疑問があるのですが、外部リンクについても考えるべきでしょうね。とりあえず、居合術の起源捏造問題はコハプトに記載しておけば十分ですね。(事実なら。)Pluto 2006年1月30日 (月) 05:42 (UTC)
コハプトの記事を読んで誰が主張しているのか不明確な点が多すぎます。--H.L.LEE 2006年1月30日 (月) 06:43 (UTC)
この件に関しては韓国語版に内容に関する査読を依頼しました。なお、居合道起源捏造問題を新たに作る必要ないでしょう。すでに韓国起源という項目があります。--H.L.LEE 2006年1月30日 (月) 11:00 (UTC)
私は韓国語がわからないので、査読の結果が出た際はお知らせ願います。Pluto 2006年2月13日 (月) 20:23 (UTC)

沿革において全日本剣道連盟の創立を含めるのはどうでしょうか、全日本剣道連盟は、剣道専門であって、居合専門ではないので。--58.91.92.78 2006年5月14日 (日) 16:24 (UTC)

うっかり未ログインのまま記入してました。 58.91.92.78 as --Miskij 2006年5月17日 (水) 10:34 (UTC)

全剣連の記事には、あるといいでしょうね。ここに載せる必要はないと思います。Pluto 2006年6月30日 (金) 19:58 (UTC)

本文の編集コメントについて: 2006年6月9日 (金) 05:31 222.149.237.86 (会話) (外部リンクの削除。この方は思想がかなり偏っています。彼の主張が正しいとしても、わざわざ他の団体を貶すことはありません。武道を歩んでいる人なのに徳が足りないと思います。)

削除しても、編集前の内容で外部リンク情報が把握できるという仕組みを考えると、上記のようにわざわざ批評を入れる行為自体が理解できません。読み手が客観的に史実を読み取れば良い問題のように思います--Misk 2007年8月6日 (月) 13:30 (UTC) 異論なければ外部リンクを回復しておきます。--Misk 2007年8月8日 (水) 02:02 (UTC)


== 抜刀道との相違 == について 「居合道は主に正座から形稽古を行う。」と追記されていましたが、最大流派の英信流では業全体の割合から見ると正座からの業は少数です。 一般的に居合は座って行うというイメージはありますが、多くは立膝(武者座)からの業ですので、とりあえず「正座」の部分を「座姿」としておきました。 --Dulaure会話) 2012年4月16日 (月) 08:19 (UTC)

「○○との相違」の項目について編集

疑問点ですが、居合道のページに「抜刀道との相違」や「剣術との相違」という項目が必要でしょうか? 一般的に居合道場で行われる業は1/3〜半数近くの業が立ち技ですので、抜刀道は立ち技で、居合道は座姿からの技という区別認識は間違いのように思います。それに、「剣術との相違」については多くの居合道場でも組打(居合道形)の稽古が行われていますし、「主に床の間での想定」というのも違和感(英信流立業は往来での想定)があります。更に、多くの剣術道場でも礼法は十分意識されていると思います。誤解を避けるためにも、「抜刀道との相違」「剣術との相違」という項目自体の削除を検討する必要があると思いますが、いかがでしょうか?--Dulaure会話) 2012年4月26日 (木) 05:37 (UTC)

ページ「居合道」に戻る。