ノート:舞台監督

アクティブな議論

この項の内容ですが、舞台監督と舞台監督的な仕事をする小屋付きの仕事がごっちゃになっていて、適切ではないと思います。 内容を整理して、(概要・事前準備・進行管理・届出・設営・本番前・本番中・本番終了後)といった感じに分けたいと思います。 コンサートやイベントについては知識が不足していますので、スタブにするつもりです。 --以上の署名の無いコメントは、516会話投稿記録)さんが 2006年3月15日 (水) 06:32‎ (UTC) に投稿したものです(KAWASAKI Hiroyuki会話)による付記)。

舞台監督の職掌の範囲編集

当記事(投稿時の最新版)で記載されているような範囲を舞台監督が実際に担当することも多いとは思いますが、内容的にはむしろ演出助手や制作・制作助手が担当するはずの範囲も含まれているのではないでしょうか。たとえば、節「事前準備」(投稿時の最新版)の冒頭部前半、特にセクション間の調整は本来は制作が担当する部分であって、舞台監督は必要に応じスタッフとして参加する、と理解しています。実務全般に精通したスタッフとしての舞台監督がこれらを主導することも現実にはありそうですが。

舞台監督の基本的な分掌は事前に舞台の進行をプランニングし、公演中には進行を管理し、出演者・音響・照明・制作(・場合によっては施設関係者)に適宜指示を行い、突発的なトラブル(たとえば電源設備の故障)に対処する、といったあたりのはずです。これに付随する事項もいろいろあるにせよ、特にフリーランスの舞台監督の場合はスケジュールの都合もあるため、担当範囲がそれほど拡大することは少ないのではないでしょうか。 --KAWASAKI Hiroyuki会話) 2016年9月9日 (金) 03:35 (UTC)、一部加筆:2016年9月9日 (金) 03:48 (UTC)

ページ「舞台監督」に戻る。