メインメニューを開く

特徴の項で「東映では、…」の後に「一方東映では、…」となっているのはおかしいです。
そして「…機材やそれにかかる費用がネックとなっていた。」に対する続きがなく、
超光戦士シャンゼリオンとの関係が不明なので「東映では」「一方」迄削除しても良いのではないでしょうか。
またこの項に書かれている内容は制作経緯でしかないのですが、どうして特徴なのでしょうか?
「ビデオテープを使用した撮影に移行させようとする流れによるものといえる」のは現在の特撮ヒーロー作品の現場ではVTR方式製作となっているものの、当時は特に東映の特撮ヒーロー作品は今まで実際にVTR方式の作品製作経験が無いため実用試験的作品との面もあったのではないかと思います?

ページ「超光戦士シャンゼリオン」に戻る。