ハレーション (: Halation) は、写真撮影する際に、強い光が当たった部分が白くぼやける現象である。光暈(こううん)ともいう[1]

発生原理編集

ハレーションは、写真乾板写真フィルムの感光層を通過した光が、支持体などで反射し再び感光層に入ることによって生じる。銀塩写真に特有な現象であり、デジタル写真では生じない[2][3]

レンズフレアと混同されることがあるが、発生原理が異なる[2][3]

防止策編集

ハレーションは像をぼやけさせるので、通常は防止策を講じる。ハレーションを防ぐためにレンズフードなどを使って、強い光が直接レンズに入らないようにすることをハレ切り(ハレギリ)という[2][4]。写真フィルムの感光層と支持体の間には、反射光を防ぐためのハレーション防止層が存在する[5][6][7]

一方で、あえてハレーションを利用して、画面をソフトにしたり、まぶしさを演出したりすることもある[2][8]

派生表現編集

写真用語から転じて、「派生して他に影響を及ぼすこと」という意味でも用いられる[1]。主に、悪い影響に対して使われる。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b デジタル大辞泉. “ハレーション” (日本語). コトバンク. 2020年9月15日閲覧。
  2. ^ a b c d 写真用語集 - ハレーション”. キヤノン. 2020年9月15日閲覧。
  3. ^ a b ハレーション(写真の)』 - 天文学辞典(日本天文学会
  4. ^ デジタル大辞泉. “ハレ切り” (日本語). コトバンク. 2020年9月15日閲覧。
  5. ^ 前川 幸雄「カラーネガフィルムの構造」『高分子』第37巻第2号、高分子学会、1988年、 161頁、 doi:10.1295/kobunshi.37.161
  6. ^ 西江 浩和、高橋 一夫「銀塩写真感光材料による画像評価用精密テストチャート(固体撮像技術および一般)」『映像情報メディア学会技術報告』第37巻第2号、映像情報メディア学会、2002年3月18日、 50頁、 doi:10.11485/itetr.26.26.0_47
  7. ^ 大上 進吾「写真フィルムの粒状性と鮮鋭度」『テレビジョン』第15巻第8号、映像情報メディア学会、1961年、 467頁、 doi:10.3169/itej1954.15.464
  8. ^ 業界用語辞典 「ハレーション」”. TMS東京映画映像学校. 2020年9月15日閲覧。