ハンス・エノクセン

ハンス・エノクセングリーンランド語: Hans Enoksen1956年8月7日 - )は、グリーンランドの政治家。2002年から2009年にかけ、同地域の首相(第4代)を務めた。

ハンス・エノクセン
Hans Enoksen
Landsstyreformand Hans Enoksen til Folkeafstemning i Multihallen i Nuuk med Pipaluk Petersen pa 5 ar.jpg
生年月日 (1956-08-07) 1956年8月7日(64歳)
出生地 グリーンランドの旗 イティレク
所属政党 ナレラク党

在任期間 2002年12月14日 - 2009年6月12日
テンプレートを表示

ケカッタ自治体の人口100人ほどの村、イティレックに生まれた[1]グリーンランド語しか喋らない[2]。1995年からグリーンランド議会議員を務めている。2001年に漁労・狩猟・居住大臣と進歩党党首に就任した。

彼は2002年12月14日に首相に選出された。彼の政党の得票率は28%と、1999年の前回選挙より7%落ちたが勝利には十分な数であった。この選挙後、進歩党は左翼政党であるイヌイット友愛党と連立を組んだ。連立内ではデンマークとの約定をどう転換させてゆくか、アメリカ合衆国チューレ空軍基地の租借料をグリーンランドにいくら支払うべきかなどが話し合われた。2009年の総選挙でイヌイット友愛党は43%獲得したが、進歩党は26%しか獲得できなかった。この結果を受け、エノクセンは党首を引責辞任した[3]

2014年1月、進歩党から離党し、同党に所属していた他2議員と共に新党(ナレラク党)を結成した[4]

脚注編集

  1. ^ Kalaallit Nunaata Radioa (Greenlandic Broadcasting Corporation) (デンマーク語)
  2. ^ Nunatsiaq News: Unilingual Inuk becomes Greenland's new premier
  3. ^ Sermitsiaq: Hans Enoksen træder tilbage
  4. ^ Greenland election moves into its last two weeksNunatsiaqOnline(2014年11月13日)2015年7月5日閲覧
公職
先代:
ヨナタン・モッツフェルト
  グリーンランド自治政府首相
第4代:2002 – 2009
次代:
クーピク・クライスト