ハンス・フォン・マレース

ハンス・フォン・マレース(Hans von Marées、または Johann Reinhard von Marées、1837年12月24日 - 1887年6月5日)はドイツの美術家である。

ハンス・フォン・マレース
Hans von Marées
Hans von Marées, Selbstbildnis um 1860.jpg
自画像 (1860)
生誕 1837年12月24日
ドイツ、ヴッパータール
死没 1887年6月5日
イタリア、ローマ

略歴編集

ルール地方の現在はヴッパータールの一部であるエルベフェルトで生まれた。フランス系オランダ人の家系で1826年にが祖父が、商工会議所の会頭となり、アンハルト=デッサウ公国の貴族に叙せられた。父親もコブレンツの商工会議所の会頭で母親はユダヤ商人の娘だった。

幼い頃から絵の才能を示し、1854年にベルリン美術アカデミーに入学しカール・シュテフェックに学んだ。1年ほど学んだ後、軍務に就き、1857年からミュンヘンに移り、フランツ・フォン・レンバッハ[1] やアドルフ・ハインリヒ・リアー、アントン・タイヒラインといった画家達のグループに加わり、伝統的なオランダ絵画の暗い色使いを離れ、戸外で風景画を描いた。アドルフ・フリードリヒ・フォン・シャック伯爵に雇われた、イタリアの巨匠の絵画を模写するために、1864年からローマで働いた[1]

1868年にフォン・シャック伯爵との関係は終わるが、美術史家、コレクターのコンラート・フィードラーの支援を受けるようになり、1869年から共にスペイン、フランス、オランダを旅し、フランスのロマン主義の画家、ウジェーヌ・ドラクロワの作品に強い印象を受けた。

1870年からの普仏戦争で軍務についた後、しばらくベルリンやドレスデンで暮らした。1873年にイタリア、ナポリに建設された海洋動物研究所に壁画を描いた[1]。翌年フィレンツェに移り、アンゼルム・フォイエルバッハロマン主義の画家、アルノルト・ベックリンらと親しくなった。徐々に神話を主題に描くことになり、独自のスタイルで描くようになった。

その後もコンラート・フィードラーの支援をうけてイタリアで活動し、49歳でローマで死去した。

作品編集

参考文献編集

  • Konrad Fiedler: Hans von Marées. München 1889.
  • Hyacinth Holland: Marées, Hans von. In: Allgemeine Deutsche Biographie (ADB). Band 52, Duncker & Humblot, Leipzig 1906, S. 190–196.
  • Julius Meier-Gräfe: Hans von Marées, sein Leben und Werk. 3 Bände, München/Leipzig 1909/10.
  • Ludwig Justi: Hans von Marées. Berlin 1921.
  • Julius Meier-Graefe: Der Zeichner Hans von Marées. München 1925.
  • Bernhard Degenhart: Marées Zeichnungen. Berlin 1953.
  • Ludwig Grote: Hans von Marées – Die Fresken in Neapel. Stuttgart 1958.
  • Elisabeth Decker: Zur künstlerischen Beziehung zwischen Hans von Marées, Konrad Fiedler und Adolf von Hildebrand. Basel 1966.
  • Wolfgang Bessenich: Der klassische Marées. Basel 1967.

脚注編集

  1. ^ a b c Artist biography in German Masters of the Nineteenth Century, p.270