ハンツィ(或はハンシー県、Ghanzi District)は、ボツワナ西部の行政区

ハンツィ

Ghanzi District
ハンツィ地区の位置
ハンツィ地区の位置
ボツワナの旗 ボツワナ
首府 ハンツィ
面積
 • 合計 117,910 km2
人口
(2016年)
 • 合計 49,700人
 • 密度 0.42人/km2
等時帯 UTC+2 (CAT)
ISO 3166コード BW-GH

地理編集

カラハリ砂漠の中部に位置し、東部は中央カラハリ動物保護区に指定されている。保護区ではサンのうちのガナ、グイ(グウィ)と呼ばれる人々が先住し、バントゥ系のカラハリ人などが居住していた[1]が、カデなどに定住化が進められ[2]、1997年には観光のために西部のニューカデなどに移住を強いられ[3]、裁判闘争などの結果一部が保護区内に戻った[4]。西部にハンツィがある。

行政区画編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 池谷和信「ボツワナ、ハンシー県におけるサン・カラハリ混住集落の分布とその形成過程」『北海道大學文學部紀要』第44巻第2号、北海道大學文學部、1995年11月、 113-128頁、 ISSN 04376668NAID 120000952504
  2. ^ 講演「日本のアフリカ学術調査の回顧と展望」田中二郎(京都大学名誉教授)、海外学術調査総括班、2004年6月14日。
  3. ^ 『カラハリ先住民とともに20年-アフリカの日常生活から日本へ発信できること-』GRIPS開発フォーラム、アフリカの森 第14回 2007年12月7日。
  4. ^ ボツワナ:「ブッシュマン」の歴史的裁判勝訴の喜び(2006年12月13日)、サバイバル・インターナショナル・ジャパン

関連項目編集