ハードル(hurdle)は、陸上競技障害走において使用される道具

ハードル

競技用のハードルは、10kg以上の重さがあり、3.6kg以上の力で押されると倒れる仕組みになっている。ハードルの幅は1,180 - 1,200mm、基底の長さは700mm以下で、基底には位置の調節が可能なおもりがついている。バーは高さ70mm、厚さ10 - 25mm[1]

教育用のハードルは、高さの変更が可能なものや、バーが柔軟な素材でできているものもある[2]

ハードル走編集

ハードルはハードル競走の際、 競技レーンに一定の間隔をおいて設置される。選手は競技の際にこれらのハードルを跳躍しながらゴールを目指すこととなる。競技規則第168条(7),(8)により、故意にハードルを倒したと審判長が判断した場合は失格になるが、跳躍の流れの中でハードルが倒れた場合は失格にならず、記録も認められる[1]。ただしハードルに当たりながら進んだ場合は反動で走行スピードが低下するため、選手は極力ハードルを倒さずに走っている。

使用される種目と高さ編集

 
競技場に設置されたハードル

このように、ハードルの高さは、元来イギリスの単位であるインチフィートヤードに基づいて作られているため、現在使われているメートル法において半端な数字となる[3]。なお、これは、ハードルの高さにおいてだけでなく、ハードル競走の長さ(110mHのインターバル、110mHのスタート~1台目)、テニスのネットの高さなどにおいても同様である。

  • 762mm → 2.50フィート
  • 838mm →2.75フィート
  • 914mm →3.00フィート
  • 991mm →3.25フィート
  • 1,067mm →3.50フィート(3フィート6インチ)

日常的な用法編集

日常会話においては、「集客の難しさがハードルとなっている。」など、物事の達成の障害となる要素の意で用いられる。

また、競技において高さが異なるハードルがあることから、「この機械は初心者にはハードルが高い。」など、ハードルの高さを物事の達成の難易度に比喩する[4]

また、物事の許容水準あるいは評価水準を高くすることを「ハードルを上げる」などと表現することもある[5]。英語でも同様に"raise the hurdles"という表現が用いられることがある[6]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 日本陸上競技連盟競技規則/第3部トラック競技 (PDF)”. 日本陸上競技連盟. 2021年2月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月14日閲覧。
  2. ^ ハードル走では、体格やスピードの個人差に対応できる場の一工夫を! - 学級づくりにいかす!体育授業”. 教育zine. 明治図書. 2020年9月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月14日閲覧。
  3. ^ 陸上競技ガイド”. 日本陸上競技連盟. 2021年4月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月14日閲覧。
  4. ^ “高齢者ワクチン国目標の7月末、知事「ハードル高い」 [新型コロナウイルス”]. 朝日新聞. (2021年5月11日). オリジナルの2021年5月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210514064325/https://www.asahi.com/articles/ASP5B7KW2P5BUTPB006.html 
  5. ^ “ハードル、自分で上げてない? 先延ばしぐせの原因にも”. 朝日新聞. (2020年9月11日). オリジナルの2020年9月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200911020524/https://www.asahi.com/articles/ASN9373TSN93UBQU008.html 
  6. ^ “Supreme Court Expands Grounds for Mandatory Deportations”. The Wall Street Journal. (2021年3月4日). オリジナルの2021年3月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210304225144/https://www.wsj.com/articles/supreme-court-eases-deportation-of-noncitizens-with-criminal-records-11614896181