メインメニューを開く

バイロイト祝祭管弦楽団

バイロイト祝祭管弦楽団(バイロイトしゅくさいかんげんがくだん、: Orchester der Bayreuther Festspiele)は、バイロイト祝祭劇場で毎年7月から8月に行われるバイロイト音楽祭(Bayreuther Festspiele)において臨時編成されるオーケストラである。

バイロイト音楽祭はリヒャルト・ワーグナーオペラ楽劇だけを上演する目的で1876年に開幕した。音楽監督は置かれず、その時々の最高のワーグナー指揮者が招かれる。オーケストラのメンバーはドイツ各地のオーケストラ団員から集められる。レコーディングはワーグナーのオペラ・楽劇がほとんどであるが、バイロイト祝祭劇場のこけら落としの際にベートーヴェン交響曲第9番が演奏されたことにちなんで、ヴィルヘルム・フルトヴェングラーの指揮による2種(1951年1954年)とカール・ベーム1963年)の指揮による3種類の「第九」の録音がある。

編成は『ニーベルングの指環』がない年は6,5管編成(150人余り)であるが、『指環』がある年は7管編成(160人余り)に増強される。最近はオーケストラのメンバーでないドイツの音楽大学の教授なども呼ばれて参加している。