バサヴァ(カンナダ語: ಬಸವೇಶ್ವರ英語: Basaveshwara)は12世紀にインドで活動したインドの政治家、詩人、哲学者、社会改革者。シヴァ派の一派であるリンガーヤタ派英語版の聖人とされている[2]カリヤーニのチャールキヤ朝カリヤーニのカラチューリ朝英語版の時代に活躍し、とりわけBijjala2世英語版の治世には大きな影響力を持った[3][4][5]。リンガーヤタ派の創始者とされることもあるが、現代の研究ではバサヴァはすでにあったを復活させ、洗練させ、普及させたに過ぎないとされている[1][3][6]

Jagajyoti
Basava
バサヴァ
Basava Gaint Statue 108 feet, Basava Kalyana.JPG
生誕1131年[1]
現在のインドの旗 インドカルナータカ州ヴィジャヤプラ県英語版Basavana Bagewadi英語版
死没1196年 [1]
現在のインドの旗 インドカルナータカ州Kudalasangama英語版
著名な実績社会宗教的改革、Anubhava Mantapa英語版(公共機関)、Vachana Sahitya英語版(文芸作品)、南インドでの女性の権利運動
宗教リンガーヤタ派英語版

バサヴァはVachanaasという自身の詩から、社会意識を広めた。バサヴァは性差別や社会階級による差別、迷信、儀式を拒み[1]、生まれに関係なくすべての人にシヴァへのバクティを常に思い起こさせるためにシヴァの像を描いたイシュタリンガと呼ばれるネックレスを奨励した[7]。王国の首席大臣としては人々の生まれを問わず、公開で人生の世俗的あるいは宗教的な問題を議論するAnubhava Mantapa英語版などの公的機関を設立した[8][9]。 バサヴァの文芸作品にはカンナダ語で書かれたVachana Sahitya英語版などがある。

脚注編集

  1. ^ a b c d Carl Olson (2007), The Many Colors of Hinduism: A Thematic-historical Introduction, Rutgers University Press, 978-0813540689, pages 239–240
  2. ^ Jestice, Phyllis G. (2004) (英語). Holy People of the World: A Cross-cultural Encyclopedia. ABC-CLIO. pp. 107. ISBN 978-1-57607-355-1. https://books.google.com/books?id=H5cQH17-HnMC&q=basavanna+hindu&pg=PA107 
  3. ^ a b Basava Encyclopædia Britannica (2012), Quote: "Basava, (flourished 12th century, South India), Hindu religious reformer, teacher, theologian, and administrator of the royal treasury of the Kalachuri-dynasty king Bijjala I (reigned 1156–67)."
  4. ^ A. K. Ramanujan (1973). Speaking of Śiva. Penguin. pp. 175–177. ISBN 978-0-14-044270-0. https://archive.org/details/speakingofiva0000rama 
  5. ^ Gene Roghair (2014). Siva's Warriors: The Basava Purana of Palkuriki Somanatha. Princeton University Press. pp. 11–14. ISBN 978-1-4008-6090-6. https://books.google.com/books?id=5hwABAAAQBAJ 
  6. ^ Edward Rice (1982), A History of Kannada Literature, Asian Educational Services, 978-8120600638, pages 52–53
  7. ^ Fredrick Bunce (2010), Hindu deities, demi-gods, godlings, demons, and heroes, 9788124601457, page 983
  8. ^ Jan Peter Schouten (1995), Revolution of the Mystics: On the Social Aspects of Vīraśaivism, Motilal Banarsidass, 978-8120812383, pages 2–3
  9. ^ SK Das (2005), A History of Indian Literature, 500–1399: From Courtly to the Popular, Sahitya Akademi, 978-8126021710, page 163

関連文書編集

  • Speaking of Siva,A. K. Ramanujan著. Penguin. 1973. 978-0-14044-270-0
  • Shiva Prakash, H.S. (1997). “Kannada”. In Ayyappapanicker. Medieval Indian Literature:An Anthology. Sahitya Akademi. ISBN 978-81-260-0365-5