バッファロー・クリーク洪水

バッファロー・クリーク洪水は、1972年2月26日にピッツトン石炭会社の石炭廃棄物の埋め立てによってできた第三貯水ダムの決壊によって発生した災害である。このダムは、アメリカ合衆国ウェストバージニア州ローガン郡の山の斜面に位置していたものであり、災害発生4日前には連邦鉱山検査官は「良好」と診断していた[1]

バッファロー・クリーク洪水
日付1972年2月26日
場所アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ウェストバージニア州ローガン郡
原因炭坑廃棄物によってできた第三(貯水)ダムの決壊

約5億リットル(1億3200万ガロン)、高さ9.1メートル(30フィート)を超える廃水の放出が原因で洪水が生じ、それによってバッファロー・クリーク渓谷沿いにある16の炭坑住民の集落を襲った。洪水により人口5,000人のうち、125人が死亡、1,121人が負傷、4,000人以上が家を失った。 移動式住宅44棟と商業施設30箇所に加え、家屋は507棟が流出した[1]。災害によって、サンダース 、パーディー、ロレード、クラネッコ、ランデール、ストー、クライツ、ラトローブ、ロビネ、アムハーストデール、ベッコ、ファンコ、ブラエホルム、アコビル、クラウン、キスラーの集落で家屋の流出あるいは被害が出た[2]。裁判では、ピッツトン炭坑会社は、この事故を「天災」であるとしていた。

1968年より始まったバッファロー・クリークのミドルフォークに捨てられた鉱山廃棄物でできた第三ダムが豪雨によって最初に決壊した。 第三ダムからの排水は、続いて第二・第一ダムに覆いかぶさった。第三ダムは、岩盤の上に直接建てられたものではなく、第一・第二ダムの背後に集積された石炭廃棄物の上に建設されたものである。第三ダムが決壊した際、サンダースの集落から約79メートルの高さに位置していた。

関連文献編集

  • Kai T. Erikson (1976). Everything In Its Path. Simon and Schuster. pp. 284. ISBN 0-671-24067-6. https://archive.org/details/everythinginitsp00erikrich  Kai T. Erikson (1976). Everything In Its Path. Simon and Schuster. pp. 284. ISBN 0-671-24067-6. https://archive.org/details/everythinginitsp00erikrich  Kai T. Erikson (1976). Everything In Its Path. Simon and Schuster. pp. 284. ISBN 0-671-24067-6. https://archive.org/details/everythinginitsp00erikrich 
  • ジェラルドM.スターン、 バッファロークリーク災害 ISBN 0-394-72343-0

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b Rhee, William. "Buffalo Creek Timeline | College of Law | West Virginia University". www.law.wvu.edu. Retrieved 2019-04-11.
  2. ^ "Towns Along Buffalo Creek". www.wvculture.org. Retrieved 2019-04-11.

外部リンク編集