ババン (1649–1850年)の家系はクルド首長諸国を支配していた。これらの国は現在のイラクのクルディスタン地域と西部イランに跨っていて、 17世紀から1850年にかけて存在していた。ババン首長国はオスマン朝とペルシアの間の紛争で積極的な役割を果たした。ババン家の祖はPijder地区出身のAhmad Faqih(またはFaqi Ahmad)だと考えられている[1]。ババン家の者はフランク人の女性である Keghanの子孫だと主張しており、彼女は戦争捕虜として連れてこられた。Sharafnama氏族の最初の首長はPir Badak Babeといい、彼は1500年前後に生きていたと信じられている[2]

House of Baban
Kurdistan
領地 Kurdistan
主家 House of Soran
創設 1649年
家祖 Faqi Ahmad
Multicolored map
Baban Principality, ca. 1835
Drawing of bearded man in flowing clothing and hat
Omar Agha (officer for Mahmoud Pasha of Baban), 1820

ババンの首長はイランとの国境沿いにオスマン朝の防衛力を提供する見返りとしてある程度の自立性を保持していた。スライマン・ベクはShahrizor州とその都キルクークのを支配権を得たババン家最初の首長だった。彼はイランを侵略し、1694年に Ardalan の首長国の軍隊を破った。オスマン朝のスルタンムスタファ二世は彼をキルクークの町を含むババン地域に任命した[3]スレイマニヤの町はババン首長Mahmud Pashaによって1781年に建設された[1]。ババンの支配者達は、彼らの支配下で文化的文学的な行いを奨励した。19世紀の前半の間、クルド語の古典詩人Nali の詩を中心に教える学校がババンの保護下に建設された[4]

ババン首長はイランとオスマン朝との1723–1746年の間の戦争でオスマン軍を支援し、1750年から1847年までババンの歴史は他のクルド人首長国(例えばソラン首長国など)とは競合関係に置かれ、オスマン朝やカジャール朝により、集権化を阻まれていた[1] 。首長国は19世紀中頃オスマン朝の近代化政策の間に滅ぼされた。ババンの叛乱は3年間続いたが、オスマン軍とクルド部族の連合軍に破られた。 Ahmed Pasha Baban,は、最後のババン家の支配者で1847年にKoya近郊で敗れ Shahrazurの領域はオスマン朝に併合された。最後のババン首長は南クルディスタンの独立のためトルコ人と戦った後、1850年にスライマニアに去った[5]

年表編集

  • Khana Mohammad Pashaはイランの Sennaの町を取得し、1132年にArdalan首長国の都も手に入れ[6]、ペルシア人知事 Hasan Ali Khanを殺した[7]
  • Suliman Babaは1678年にコンスタンティノープルへと旅し、オスマン朝から家系の継承権を承認された[8]
  • ババン首長は1723–1746年の対イラン戦争でオスマン軍を支援した[9]
  • Abdulrahman Pashaは1788年クルド首長諸国のmirimiranの首長となった[10]
  • Abdurrahman Pashaは1810年6月に1万の軍勢とともにバグダードに侵攻し、イラクのマムルーク朝のスレイマン・パシャを追放した[11]

ババン首長のリスト編集

  1. Faqi Ahmad, 1649–1670
  2. Sulaiman Baba, 1670–1703
  3. Khana Mohammad Pasha, 1721–1731
  4. Nawaub Khalid Pasha, 1732–1742
  5. Nawaub Salim Pasha, 1742–1754
  6. Nawaub Sulaiman Pasha, 1754–1765
  7. Muhammad Pasha, 1765–1775
  8. Abdolla Pasha, 1775–1777
  9. Ahmad Pasha, 1777–1780
  10. Mahmoud Pasha, 1780–1782
  11. Ibrahim Pasha, 1782–1803
  12. Abdurrahman Pasha, 1803–1813
  13. Mahmoud Pasha, 1813–1834
  14. Sulaiman Pasha, 1834–1838
  15. Ahmad Pasha, 1838–1847
  16. Abdollah Pasha, 1847–1850

ババン首長の著名な子孫編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b c W. Behn, Baban, Encyclopaedia Iranica
  2. ^ M. Th. Houtsma, A.J. Wensinck, H.A.R. Gibb, W. Heffening and E. Levi-Provencal, First encyclopaedia of Islam (1993), Vol.VII, p.538, BRILL Publishers.
  3. ^ Gábor Áoston, Bruce Alan Masters (2009), Encyclopedia of the Ottoman Empire, p.70, Infobase Publishing, ISBN 9781438110257
  4. ^ Farhad Shakely, The Kurdish Qasida in Stefan Sperl, P. M. Kurpershoek, C. Shackle (1996), The Poetry of Ad-Dindān: A Bedouin Bard in Southern Najd, p.337, BRILL.
  5. ^ Ely Banister Soane (2007) To Mesopotamia and Kurdistan in Disguise, p.371,Cosimo, Inc
  6. ^ International Association of Academies (1934) The encyclopaedia of Islām: a dictionary of the geography, ethnography and biography of the Muhammadan peoples, p.227, E. J. Brill ltd
  7. ^ Peter Avery, William Bayne Fisher, Gavin Hambly, Charles Melville (1991) The Cambridge history of Iran: From Nadir Shah to the Islamic Republic, p.138,Cambridge University Press
  8. ^ Claudius James Rich (1836) Narrative of a residence in Koordistan, p.81,J. Duncan
  9. ^ H. J. Kissling, N. Barbour, Bertold Spuler, J. S. Trimingham, F. R. C. Bagley, H. Braun, H. Hartel (1997) The Last Great Muslim Empires, p.82,BRILL
  10. ^ Tom Nieuwenhuis (1982) Politics and society in early modern Iraq: Mamluk Pashas tribal Shayks and local rule between 1802 and 1831, p.42,Springer
  11. ^ Virginia H. Aksan (2007) Ottoman wars 1700-1870, an empire besieged, p.286,Pearson Education

参考文献編集

  • Narrative of a residence in Koordistan, Claudius James Rich, James Duncan, Paternoster Row, 1836.
  • The Sharafnama, Sharaf Khān Bidlīsī, 1597.
  • The Emirate of Baban between the grinding stones of the Persians and Turks, Nawshirwan Mustafa, Zargata, 1998.
  • The caravan of death, Karl Friedrich May, Seabury Press, 1979.
  • First encyclopaedia of Islam: 1913-1936, M. Th Houtsma, BRILL, 1993.
  • Encyclopedia of the Ottoman Empire, Gábor Ágoston, Bruce Alan Masters, Infobase Publishing, 2009.
  • A modern history of the Kurds, David McDowall, I.B.Tauris, 2000.
  • Politics of Alliance and Rivalry on the Ottoman-Iranian Frontier: The Babans (1500-1851).

Metin Atmaca, Self-publishing, Freiburg im Breisgau 2013.Baban is also the Welsh word for baby and is usually given to the youngest member of a family.

外部リンク編集