バリエム渓谷(バリエムけいこく)は、ジャヤウィジャヤ山脈の渓谷である。バリエム渓谷は海抜1600メートルの高さにあり、美しく手付かずの山々に囲まれている。夜の気温は摂氏10〜15度になることがある [1]

バリエム渓谷のヤリ族

この谷は大バリエム渓谷とも呼ばれる。ワメナから約27km離れたウォシリモ村はダニ族の居住地である。この谷には、ダニ族の他にヤリ族・ラニ族などの部族が住む。

バリエム渓谷は長さ約80キロメートル、幅約20キロメートル、標高約1,600〜1,700 mで、人口は約10万人である。

1938年に動物学者リチャード・アーチボルドのニューギニアへの3回目の遠征によって、バリエム渓谷とこの地域の予想外に多くの農業人口が発見された。 6月21日、ホランディア(現在のジャヤプラ)の南の偵察飛行で、遠征隊はこの渓谷を発見し、当時は「グランドバレー」と呼んでいた。それから、この谷は「バリエム渓谷フェスティバル」という名称の観光に限定して開かれてきた。

参照編集

  1. ^ Baliem, Pesona Alam Eksotis Tanah Papua"”. 2018年8月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月18日閲覧。

外部リンク編集