メインメニューを開く

バルタン・バアトルモンゴル語: ᠪᠠᠷᠲᠠᠨ ᠪᠠᠭᠠᠲᠤᠷ/Bartan ba'atur/Бартан баатар, 中国語: 答里台斡惕赤斤, ?ー?)はカブル・カンの息子で、モンゴル帝国の創設者チンギス・カンの祖父。『元史』などの漢文史料では八里丹/巴勒丹、『集史』などのペルシア語史料ではبرتان بهادرBartān Bahādurと記される。

概要編集

あまねきモンゴル」最初のカンとして即位したカブル・カンの息子として生まれ、兄弟にはサム・カチュラらがいた。カブル・カンの死後カン位を継承したのは族父にあたるアンバガイ・カン(カブル・カンの又従兄弟)及びバルタンの弟クトラ・カンであったため、バルタン・バアトルの事跡については殆ど記録に残っていない[1]

『集史』「バルターン・バハードゥル(Bartān Bahādur)紀」によると、妻スニギル・フジン(سونیگل فوجینSūnīgil fūjīn<Sünigil Füǰin)との間にモンゲトゥ・キヤンネクン・タイシイェスゲイ・バートルダアリタイ・オッチギンの4子を得たという。

モンゲトゥ・キヤンの息子チャンシウダイは「キヤト・チャンシウト氏」を創設し、チンギス・カンの時代には大叔父のクトクトゥ・モンゴルとともに「チンギス・カンの13翼」の第8翼を率いた。

ネクン・タイシ及びその息子クチャルは「キヤト・サヤール氏」を創設し、チンギス・カンの時代には叔父のダアリタイ・オッチギンとともに「チンギス・カンの13翼」の第7翼を率いた。

ダアリタイ・オッチギンはバルタン・バアトルの子供たちの中で唯一チンギス・カンの時代に存命であり、甥のクチャルとともに「チンギス・カンの13翼」の第7翼を率いた。

このように、バルタン・バアトルの子孫はチンギス・カンの時代、キヤト氏下位集団の長として有力であったが、やがて氏族的秩序の解体・権力の集中を目指すチンギス・カンと対立するようになった。第8翼を率いるチャンシウダイのみはチンギス・カンに忠実であったが、アルタン、クチャル、ダアリタイ・オッチギンはチンギス・カンを裏切り、後に処刑されるに至った[2]

キヤト氏系図編集

  • トンビナイ・セチェン(Tumbinai Sečen,秘史:屯必乃薛禅/元史:敦必乃/集史:تومبن خانTūmbana khān)
    • サム・カチュラ(Sam Qačula,秘史:撏薛赤列/元史:葛赤渾/親征録:三哈初来/集史:قبل خانQabul Khān)…アダルギン氏の始祖,子孫は第3翼
    • カラルダイ(Qaraldai)…子孫は第4翼
    • カブル・カン(Qabul Qan,秘史:合不勒合罕/元史:葛不律寒/集史:قبل خانQabul Khān)…「あまねきモンゴル」初代カン
      • オキン・バルカク(Ökin Barqaq,秘史:斡勤巴児合黒/元史:窠斤八剌哈哈/集史:اوکین برقاقŪkīn Barqāq)…子孫は第5翼第6翼
      • バルタン・バアトル(Bartan ba'atur,秘史:把児壇把阿禿児/元史:八里丹/集史:برتان بهادرBartān Bahādur)
        • モンゲトゥ・キヤン(Mönggetü Kiyan,秘史:忙格禿乞顔/元史:蒙哥黒顔/集史:مونگدو قیانMūngedū Qiyān)
        • ネクン・タイシ(Nekün Taiši,秘史:捏坤太子/元史:聶昆大司/集史:نکون تاییشیNekūn Tāīīshī)
          • クチャル(Qučar,秘史:忽図剌合罕/親征録:火察児/集史:قوچرQūchar)…第7翼
        • イェスゲイ・バアトル(Yesügei ba'atur,秘史:也速該把阿禿児/元史:烈祖也速該/親征録:烈祖神元皇帝也速該/集史:ييسوكاى بهادر Yīsūkāī bahādur)…遺領が第1翼となる
        • ダアリタイ・オッチギン(Da'aridai Otčigin,秘史:答里台斡赤斤/元史:答里真/親征録:答里台/集史:داریتی اوتچگینDārītay Ūtchigīn)…第7翼
      • クトクトゥ・モングル(Baidar,秘史:忽禿黒禿蒙古児/元史:忽都魯咩聶児/集史:قوتوقتو مونگرQūtūqtū Mūngur)…第8翼
      • クトラ・カン(Qutula qan,秘史:忽図剌合罕/元史:忽都剌罕/親征録:忽都剌可汗/集史:قوتل قانQūtula qān)…「あまねきモンゴル」第三代カン
        • ジョチ・カン(J̌oči qan,秘史:拙赤/親征録:搠只可汗/集史:جوچی خانJūchī khān)…第9翼
        • アルタン(Altan,秘史:阿勒壇/親征録:按壇/集史:التانĀltān)…第10翼
      • クラン・バアトル(Qulan ba'atur,秘史:忽闌/元史:忽蘭八都児/親征録:忽蘭/集史:قولان بهادرQūlān Bahādur)…第11翼
      • トドエン・オッチギン(Tödö'en Odčigin,秘史:脱朶延斡惕赤斤/元史:掇端斡赤斤/親征録:脱端/集史:تودان اوتچگینTūdān Ūtchigīn)…第11翼
 
カブル・カンから始まるキヤト氏の系図と、アンバガイ・カンから始まるタイチウト氏の系図

妻子編集

脚注編集

  1. ^ 村上1970,44-69頁
  2. ^ 本田1991,1-9頁

参考文献編集

  • 本田實信『モンゴル時代史研究』東京大学出版会、1991年
  • 村上正二訳注『モンゴル秘史 1巻』平凡社、1970年
  • 村上正二訳注『モンゴル秘史 2巻』平凡社、1972年
  • 村上正二訳注『モンゴル秘史 3巻』平凡社、1976年