メインメニューを開く

バルムンクBalmung)は、『ニーベルンゲンの歌』に登場する。幅広で、黄金の柄には青い宝玉が埋め込まれ、鞘は金色の打紐で巻き上げられていた[1]北欧神話グラム、『ニーベルングの指環』のノートゥンクに相当する。

概要編集

ニーベルンゲン族のシルブンクとニベルンクがジークフリート財宝の分配を依頼する際に彼に贈ったが、分配に不平を漏らすものがおり、ジークフリートはその役割を果たせなかった[2]。怒ったジークフリートは二人の王とニーベルンゲン族の勇者たちを斬り、結果として彼らの宝を手に入れることになった[3]。ジークフリートはバルムンクを愛剣として数々の軍功を挙げた。

ハゲネはジークフリートの暗殺を図ったとき、反撃されないようバルムンクと狩猟の弓をジークフリートの手元から奪ったため、ジークフリートはハゲネを打ち漏らす結果となった[4]。ハゲネはジークフリートを殺害した後にバルムンクを自分の剣とするが[5][6]、ブルクントの王グンターの供としてフン族の王エッツェルを訪れたときに、クリームヒルトにこれを誇示して見せたため、彼女の憎しみをかき立てた[7]。クリームヒルトは捕らえられたハゲネの首をバルムンクで刎ね、ジークフリートの復讐を果たした[8]

脚注編集

  1. ^ 『ニーベルンゲンの歌 後編』p.175。
  2. ^ 『ニーベルンゲンの歌 前編』p.32。
  3. ^ 『ニーベルンゲンの歌 前編』p.32-p.33。
  4. ^ 『ニーベルンゲンの歌 前編』p.267、p.269。
  5. ^ 『ニーベルンゲンの歌 後編』p.175。
  6. ^ 『ニーベルンゲンの歌 後編』p.180。
  7. ^ 『ニーベルンゲンの歌 後編』p.175-p.176。
  8. ^ 『ニーベルンゲンの歌 後編』p.335。

参考文献編集