バーイダ(バイダウクライナ語:Байдаバーイダ)は、ウクライナ民謡に登場する人物である。

ドムィトロー・ヴィシュネヴェーツィクィイ(バーイダ)と書かれた肖像画
上の絵を元に鋳造された10フリヴニャ記念硬貨

概要編集

バーイダは、ウクライナで最も知られた民謡のひとつである『バーイダの歌』の主人公である。祖国への愛国心の具象化と看做され、特に長年ウクライナの仇敵であったトルコタタールに対する実在の戦士たちの集合像とされる。

バーイダに関するバリアントは、よく知られたものだけでも40を越える。また、ウクライナの民間における再話口承による民間伝承では、バーイダのイメージは歴史上の実在の人物であるドムィトロー・ヴィシュネヴェーツィクィイと結び付けられ、この16世紀ヘーチマンがしばしば「バーイダ」と渾名されたり、「ドムィトロー・バーイダ=ヴィシュネヴェーツィクィイ」と書かれたりすることもある。

参考文献編集

  • Гайдай Л. Історія України в особах, термінах, назвах і поняттях.Луцьк: Вежа, 2000.
  • Рад. енциклопедія історії України. — К., 1969. — т. 1.
  • Українські народні думи та історичні пісні. К., 1955;
  • Халанский М. Г. Малорусская дума про Байду. X., 1905.