メインメニューを開く

バートン・バーンスタイン

バートン・バーンスタイン(Barton J. Bernstein、1936年-)は、アメリカ歴史学者スタンフォード大学歴史学科教授。専門は、アメリカ外交史、とくにトルーマン政権時代の外交政策、核政策。

クィーン・カレッジ卒業。ハーバード大学で博士号取得。1976年からスタンフォード大学で教鞭をとっている。

著書編集

  • Hiroshima and Nagasaki reconsidered: the atomic bombings of Japan and the origins of the cold war, 1941-1945, General Learning, 1975.

編著編集

  • The Truman administration: a documentary history, edited by Barton J . Bernstein and Allan J. Matusow, Harper & Row, 1966.
  • Towards a new past: dissenting essays in American history, edited by Barton J. Bernstein, Random House, 1968.
『ニュー・レフトのアメリカ史像――伝統史学への批判』、琉球大学アメリカ研究所訳、東京大学出版会, 1972
  • Twentieth-century America: recent interpretations, edited by Barton J. Bernstein and Allen J. Matusow, Harcourt, Brace & World, 1969.
  • Politics and policies of the Truman Administration, edited by Barton J. Bernstein, Quadrangle Books, 1970.
  • Understanding the American experience: recent interpretations, edited by James M. Banner, Jr., Sheldon Hackney, Barton J. Bernstein, Harcourt Brace Jovanovich, 1973.
  • The atomic bomb: the critical issues, edited by Barton J. Bernstein, Little, Brown, 1976.
  • Judgment at the Smithsonian, edited by Philip Nobile, Barton J. Bernstein. Marlowe & Co., 1995,
『葬られた原爆展――スミソニアンの抵抗と挫折』、三国隆志ほか訳、五月書房, 1995