パウル・オットー・ガイベル

パウル・オットー・ガイベル(Paul Otto Geibel、1898年6月10日 - 1966年11月12日)は、親衛隊(SS)の将軍。最終階級は親衛隊少将及び警察少将。

1944年、ガイベル

略歴編集

ドルトムントで校長の息子として生まれる。第1次世界大戦中はドイツ帝国海軍に入隊し、終戦までに大尉へと昇進している。1920年から1933年まで保険会社に務める[1]

1931年12月に国家社会主義ドイツ労働者党に入党(党員番号761,353)。同時に突撃隊に入隊し、突撃隊第81連隊に所属された。また突撃隊憲兵隊ドイツ語版にも所属した。1935年3月にはベルリンに本部を置く憲兵の顧問となる。4月に国家地方警察に少佐の階級で入り、1942年10月まで内務省の国家地方警察自動車警邏隊の職員となる[1]

1938年12月に親衛隊少佐の階級で親衛隊に入隊する(隊員番号313,910)。1942年10月から1944年3月まで秩序警察本部の指令局第2部の部長となる。 1944年3月31日からワルシャワ親衛隊及び警察指導者に任じられ、1945年2月1日まで勤めている。彼の指揮のもとでワルシャワ蜂起後のワルシャワの破壊が行われた。その後プラハ秩序警察司令官となり終戦まで務めた[1]

戦後、チェコスロバキアの裁判所で懲役五年の刑が言い渡される。釈放後はポーランドに引き渡され、ワルシャワ蜂起時の親衛隊及び警察指導者としての責任により1954年に終身刑が言い渡された。1966年11月12日に刑務所内で自殺した。

キャリア編集

出典[1]

親衛隊階級編集

受章歴編集

参考文献編集

  • Mark C. Yerger 著 『Allgemeine-SS』(Schiffer Pub Ltd)ISBN 978-0764301452
  • Ernst Klee: Das Personenlexikon zum Dritten Reich. Fischer, Frankfurt am Main 2007. ISBN 978-3-596-16048-8. (Aktualisierte 2. Auflage)
  • Timm C. Richter: Krieg und Verbrechen: Situation und Intention: Fallbeispiele, Martin Meidenbauer Verlag 2006, ISBN 9783899750805

脚注編集

  1. ^ a b c d Yerger、p.57