メインメニューを開く

パウル・ヨルク・フォン・ヴァルテンブルク

パウル・ヨルク・フォン・ヴァルテンブルク (Paul Yorck von Wartenburg、1835年4月1日-1897年9月12日) は、ドイツの法律家哲学者

プロイセン陸軍元帥ルートヴィヒ・ヨルク・フォン・ヴァルテンブルクの孫として生まれた。

解釈学歴史哲学を「歴史の心理学」と呼び、歴史性(Geschichtlichkeit)という概念を考案し、マルティン・ハイデッガーガダマーに影響を与えた。ヴィルヘルム・ディルタイと親交があった。

著作編集

  • Die Katharsis des Aristoteles und der Oedipus Coloneus des Sophokles, 1866
  • Briefwechsel zwischen Wilhelm Dilthey und dem Grafen Paul Yorck von Wartenburg 1877 - 1897, 1923
  • Italienisches Tagebuch, Darmstadt 1927, 2. Auflage Leipzig 1939
  • Bewußtseinsstellung und Geschichte. Ein Fragment aus dem Philosophischen Nachlaß, Tübingen 1956

関連人物編集

関連項目編集