パオロ・マラテスタ

パオロ・マラテスタPaolo Malatesta, 1246年 - 1285年)は、リミニの領主マラテスタ・ダ・ヴェルッチョイタリア語版の三男。ダンテ・アリギエーリの『神曲』地獄篇に登場する、フランチェスカ・ダ・ポレンタとの悲恋で広く知られている。兄にジョヴァンニ・マラテスタイタリア語版マラテスティーノ・マラテスタイタリア語版がいる。

『パオロとフランチェスカ』(ウィリアム・ダイス画、1837年)
『パオロとフランチェスカ』アンゼルム・フォイエルバッハ画、1864年)

パオロは1269年にギアッジョーロの相続人オラビレ・ベアトリーチェと結婚し、爵位は2人の子ウベルトイタリア語版が継承した。常に女性の注目を集める美男だったと描かれるが、パオロはギベリンとの戦いにおいて長く父のそばにいた。1265年、彼はウルビーノ領主グイド・ダ・モンテフェルトロイタリア語版と戦い、ラヴェンナ領主グイド・ダ・ポレンタイタリア語版(フランチェスカの父)とともにトラヴェルサーリと戦った。

1282年3月、ローマ教皇マルティヌス4世により、彼はフィレンツェの民衆隊長(podesta)に選ばれた。この時に、おそらくダンテは彼に会ったといわれている。パオロの経歴は、兄ジョヴァンニの妻フランチェスカ・ダ・ポレンタとの恋愛が露見し、2人ともジョヴァンニに殺されたため、ここで終わっている。