パシラ駅フィンランド語: Pasilan rautatieasemaスウェーデン語: Böle järnvägsstation)はフィンランド首都ヘルシンキにある鉄道駅である。ヘルシンキ中央駅の北3.5kmのパシラ地区に位置している。フィンランドの鉄道駅ではヘルシンキ中央駅に次いで旅客数が多い駅で、開業は1862年である。パシラ駅はヘルシンキ中央駅を発着する列車の緩衝地点として中央駅の混雑を緩和する役割も担っている。ヘルシンキ中央駅から発車する長距離、近郊すべての列車が停車する他、VRグループ操車場車両基地なども隣接している。

パシラ駅
Pasilan-asema.jpg
駅外観
Pasila, Böle
所在地  フィンランド ヘルシンキ
管理者 VR
駅構造 地上駅
ホーム 5面10線
乗降人員
-統計年度-
約50,200人/日
-2006年-
開業年月日 1862年
テンプレートを表示

隣の駅編集

ヘルシンキ・リーヒマキ線

ヘルシンキ中央駅 - パシラ駅 - カピュラ駅

ヘルシンキ・トゥルク線

ヘルシンキ中央駅 - パシラ駅 - イルマラ駅