パトリック・キナード (第3代キナード卿)

第3代キナード卿パトリック・キナード英語: Patrick Kinnaird, 3rd Lord Kinnaird1715年3月31日没)は、スコットランド貴族

生涯編集

第2代キナード卿パトリック・キナードとアン・フレイザー(Anne Fraser、1661年3月12日 – 1684年10月8日埋葬、第8代ラヴァト卿ヒュー・フレイザーの娘)の長男として生まれた[1]

1701年に父が死去すると、キナード卿の爵位を継承した[1]。この時代はスコットランド王国イングランド王国の合同が討議されたが、第3代キナード卿は合同に反対したという[1]

1702年、ヘンリエッタ・マリア・マレー(Henrietta Maria Murray、1684年11月28日 – 1702年10月27日、初代ダンモア伯爵チャールズ・マレーの娘)と結婚したが[1]、2人の間に子供はいなかった[2]。その後、エリザベス・ライアン(Elizabeth Lyon、1739年1月没、第3代ストラスモア=キングホーン伯爵パトリック・ライアン英語版の娘)と再婚[1]、1男をもうけた[2]

1715年3月31日にエディンバラで死去、4月3日に同地で埋葬された[1]。息子パトリックが爵位を継承した[1]

出典編集

  1. ^ a b c d e f g Cokayne, George Edward; Doubleday, Herbert Arthur; Howard de Walden, Thomas, eds. (1929). The Complete Peerage, or a history of the House of lords and all its members from the earliest times, volume VII: Husee to Lincolnshire. 7 (2nd ed.). London: The St. Catherine Press. pp. 313–314.
  2. ^ a b "Kinnaird, Lord (S, 1682 - 1997)". Cracroft's Peerage (英語). 7 April 2009. 2019年8月20日閲覧
スコットランドの爵位
先代
パトリック・キナード
キナード卿
1701年 – 1715年
次代
パトリック・キナード