メインメニューを開く

パラトライアスロン(Paratriathlon)は、障がい者スポーツ向けのトライアスロン

概要編集

パラトライアスロンはトライアスロンとは異なり、オリンピックディスタンスの半分であり、スイム750m、バイク20km、ラン5kmで構成されている。2016年リオデジャネイロパラリンピックから正式種目となった[1][2]

区分編集

管轄団体の国際トライアスロン連合(ITU)は2014年に下記の区分に再編された[3][4]。うちPT1からPT4は身体障害者のクラスである[5]

  • PT1 - 障害が最も重いクラス。
  • PT2
  • PT3
  • PT4 - 障害が最も軽いクラス。
  • PT5 - 視覚障害者のクラス。
  • PTWC - 座位(車椅子を使用)
  • PTS2、PTS3、PTS4、PTS5 - (障がいの重い方から軽い方へ)立位(運動機能障害)
  • PTVI - 視覚障がい

脚注編集

  1. ^ Paratriathlon added to the Rio 2016 Paralympic Games | Triathlon.org – International Triathlon Union”. Triathlon.org. 2012年6月19日閲覧。
  2. ^ Para-Triathlon | IPC”. Paralympic.org. 2012年7月13日閲覧。
  3. ^ ITU Paratriathlon Classification Research Group meets in San Diego”. 2013年1月16日閲覧。
  4. ^ Classification History”. Bonn, Germany: International Paralympic Committee. 2012年7月30日閲覧。
  5. ^ Paratriathlon – Triathlon.org – The Official Triathlon Resource”. Triathlon.org. 2012年6月19日閲覧。

外部リンク編集