メインメニューを開く

パリのカナロ

パリのカナロ(Canaro en Paris)とは、アレハンドロ・スカルピーノ(Alejandro Scarpino)と、フアン・カルダレージャ(Juan Caldarella)の両者の作曲の1925年のタンゴの作品。

概要編集

同じ1925年に、フランシスコ・カナロ楽団のパリ公演が大成功との報道があり、名前がついてなかったこの曲に、新聞の見出しからこの名がつけられた。

イントロが半音階進行であり、ホセ・スカルピーノ(José Scarpino)の歌詞はついていたが、歌詞なしで演奏されることがほとんどである。

ファン・ダリエンソ楽団の録音がよく聴かれる。ホセ・バッソ楽団など様々なタンゴ楽団の録音もある。

外部リンク編集