パリ都市研究所パリ第12大学内パリ・ユルバニスム研究所(IUP:Institut d’Urbanisme de Paris、パリ・アーバン・インスティテュート、パリ都市計画研究所 パリ大学都市研究所とも訳述される)は、フランスにある都市研究機関。高等教育機関。

都市の新しい専門家を形成するために、1919年に前身である都市高等研究院(EHEU:École des Hautes Études Urbaines)が設立される。設立者はマルセル・ポエトとアンリ・セリエ。1924年からはパリ大学の研究所アーバン・インスティテュートになった。1972年には、研究所はパリのパリ第12大学(ヴァル・ド・マルヌXII)と提携して、パリ都市研究所に。

経緯編集

きっかけは1911年から1913年にパリ市とその郊外に拡張委員会が大学に歴史と地理、都市経済研究所の創設を1916年に浮上。EHEU設立後の1922年には、国立行政学院市町村行政開発セクションを設置。1924年からは都市研究科はソルボンヌに附属となり、移転してパリ大学都市計画研究所(IUUP)と改名。1933年には、IUUPがホストされている美術と考古学研究所に応じルクセンブルクの近くに移転。1940年には1937年以来、同研究所の所長を務めたウィリアム・ワリドが、反ユダヤ政策の理由でヴィシー政権からパージされた。

1968年には研究所は、新しい大学に附属することとなってパリの中心部の葉パリ・ドーフィネ16区に移転。名称はパリ・アーバン・インスティテュート(IUP)となる。1972年には、パリXIIヴァル・ド・マルヌの新しい附属研究所としてクレテイユに移転。1992年からIUPの修了証DIUPは計画と都市管理マスターに認定されるが、2006年にDEA DESSやパリのアーバン・インスティテュートは、マスタープランと地域に拠点を置いている。2009年にIUPの卒業証書をリニューアルし、マスターの称号に"企画・開発"の名前が付与。

参考文献編集

  • 松田達:パリ・ユルバニスム研究所 : 建築家が都市を学ぶ場所(<連載>海外に学び日本に学ぶ) 建築雑誌 124(1592), 22, 2009年7月号
  • 10+1 No.45 特集=都市の危機/都市の再生 ―アーバニズムは可能か? 2006年 ISBN 978-4-87275-138-3 LIXIL出版