パルスマン5世

イベリア王

パルスマン5世グルジア語: ფარსმან Vグルジア語ラテン翻字: Parsman V520年[2]561年[2])は、ホスロイド朝英語版イベリア王国の王。在位期間については諸説あり、18世紀の歴史学者ヴァフシティ・バグラティオニは著書『ジョージアの歴史』において、パルスマン5世の在位期間を528年から542年までと記載している[3]。一方、20世紀ロシアの歴史学者キリル・トゥマノフは再研究の結果、在位期間は547年から561年までであると述べている[1]

パルスマン5世
ფარსმან V
パルスマン5世のレリーフ

イベリア王
在位期間
547年561年[1]
先代 バクル2世英語版
次代 パルスマン6世

出生 520年[2]
死亡 561年[2]
王室 ホスロイド朝英語版
父親 バクル2世英語版
信仰 ジョージア正教会
テンプレートを表示

パルスマン5世はバクル2世英語版の息子であり、キリル・トゥマノフの研究によると、547年にイベリア王の地位を継承した[4]。パルスマン5世の死後、イベリア王位は甥のパルスマン6世に引き継がれた[4]

ジョージア年代記英語版』の中世アルメニア編によると、パルスマン5世の治世、アラン族によってカルトリ地方英語版が攻撃・破壊された。その後オセチア人はパルスマン5世に対して、ササン朝ペルシャの支配下に入るよう促したとされる。一方『ヴァフタング・ゴルガサリ王の歴史』の原文では、アラン族に関する言及はなく、ペルシャの一方的な侵略のみが記述されている[5]。ペルシャとの戦争について『ジョージア年代記』は、当時関係の深かった東ローマ帝国が西側の敵との戦いの最中であり、パルスマン5世を支援することができなかったと述べている。この戦いは、ユスティニアヌス帝による東ゴートへの遠征(ゴート戦争)と考えられている[6]

注釈編集

  1. ^ a b Cyril Toumanoff (1969). Chronology of the Early Kings of Iberia. Fordham University. p. 29. JSTOR 27830864. https://ia601203.us.archive.org/12/items/Toum1969EarlyIberianKings/Toum_1969_Early_Iberian_Kings.pdf 
  2. ^ a b c d Leo van de Pas (2020年9月14日). “Parsman|Pharasmanes V, King of Sa-Ibiri” (英語). Genealogics. 2021年5月14日閲覧。
  3. ^ ვახუშტი ბატონიშვილი (1885). “მეფე ფარსმან V”. საქართველოს ისტორია. ტფილისი: გ. დ. ქართველიშვილი. pp. 103–104. http://dspace.nplg.gov.ge/handle/1234/68532 
  4. ^ a b Martindale, John Robert (1992), The Prosopography of the Later Roman Empire, p. 967. Cambridge University Press, 0-521-07233-6.
  5. ^ Alemany, Augusti (2003年). “Sixth Century Alania: between Byzantium, Sassanian Iran and the Turkic World”. Erān ud Anērān: Studies Presented to Boris Ilich Marshak on the Occasion of His 70th Birthday. 2012年8月7日閲覧。
  6. ^ Toumanoff, Cyril (1990). Les dynasties de la Caucasie chrétienne de l'Antiquité jusqu'au XIXe siècle. Tables généalogiques et chronologiques. Rome. p. 379–524 

外部リンク編集