メインメニューを開く

パレオロゴス家(Palaiologos ギリシャ語表記:Παλαιολόγος )は東ローマ帝国の貴族の一つ。11世紀にはコムネノス王朝の縁戚として名を連ねており、13世紀には皇帝位を世襲しパレオロゴス王朝の由来となった。東ローマ帝国最後の王朝であり、この時期にパレオロゴス朝ルネサンスが開花させた。

概要編集

1454年コンスタンティノポリの陥落で東ローマ帝国オスマン帝国に滅ぼされると、パレオロゴス家の当主で皇帝コンスタンティノス11世は戦死し嫡流は断絶した。

脚注編集