メインメニューを開く

パーソナルデータ・サービス もしくは パーソナルデータ・ストア(英: PDS: Personal Data Service/Store)は、個人がパーソナルデータをセキュアかつ構造化された方法で保存、管理、配備できるようにするサービスである[1][2]。これは、ユーザにパーソナル情報(例: 関心事、連絡先、関係、嗜好、友人)をコントロールする中心点を提供する。このサービスによって管理されるユーザの属性情報は、リポジトリに保管されたり、複数に分散された外部リポジトリに保管されたりする。PDSにある属性情報は、API経由でアクセスされる。同一のPDSのユーザには、他のユーザと選択的に属性情報の集合を共有する可能性がある。 

ベンダー関係管理(VRM)ツールを具体化したサービスとして説明される[2][3]

目次

プロジェクト一覧編集

クラウドベースPDS

商用サービス編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ UNDERSTANDING PERSONAL DATA STORES (PDS)”. mydex. 2016年2月1日閲覧。
  2. ^ a b 工藤 達雄 (2011年). “Personal Data Service”. 情報セキュリティ技術動向調査(2010 年下期). IPA. 2016年2月2日閲覧。
  3. ^ 城田 真琴『パーソナルデータの衝撃 - 一生を丸裸にされる「情報経済」が始まった』ダイヤモンド社、2015年、167頁。ISBN 4478064830

外部リンク編集