ヒマンシュ・ラーイ

ヒマンシュ・ラーイ(Himanshu Rai、1892年 - 1940年5月16日)は、インドの映画製作者。インド映画のパイオニアの一人であり[1]、妻デーヴィカー・ラーニー英語版と共に映画製作会社ボンベイ・トーキーズ英語版を設立した。代表作に『亜細亜の光英語版』『シーラーズとセリマ英語版』『南国千一夜英語版』がある。

ヒマンシュ・ラーイ
Himanshu Rai
Himanshu Rai
ヒマンシュ・ラーイ(1927年)
別名義 Himansu Rai
生年月日 1892年
没年月日 1940年5月16日
出生地 イギリス領インド帝国の旗 英領インド ベンガル管区英語版カタック
職業 映画監督映画プロデューサー俳優
配偶者 メアリー・ハインリン(1924年-1926年)
デーヴィカー・ラーニー英語版(1929年-1940年、死別)
テンプレートを表示

生涯編集

キャリア編集

 
『カルマ』のラーイとデーヴィカーのキスシーンは「インド映画で最初のキスシーン」と言われている[2]

ベンガル貴族の出身で、サンティニケタン英語版の学校に進学した。法学の学位を取得した後にコルカタを離れ、ロンドンに移住して弁護士となった。1922年にラーイは同地で脚本家のニランジャン・パル英語版と出会っている[3]。この出会いをきっかけに『アジアの光』を製作することになり[3]、ラーイはフランツ・オステン英語版と共同監督を務めた。また、『南国千一夜英語版』の製作中にニランジャンの紹介でラビンドラナート・タゴールの大姪デーヴィカー・ラーニー英語版と出会い、1929年に彼女と結婚した[3]

1934年に妻デーヴィカー、ニランジャンと共に映画製作会社ボンベイ・トーキーズ英語版を設立した[3]。ラーイはサシャンダル・ムカルジー英語版と提携し、彼の兄弟をスタッフに起用した。彼は、ある映画の撮影中に主演俳優と妻デーヴィカーの関係を疑い主演俳優を解雇し、代わりに義兄アショーク・クマール英語版を起用し、アショークは俳優としてのキャリアを成功させたという。

死後編集

ラーイの死後、会社の運営を巡りデーヴィカーとムカルジー、アショークの対立が顕在化して二重経営状態となった[4]。ムカルジーとアショークは後に独立して映画製作会社フィルミスタン英語版を設立し[4]、彼が離脱したボンベイ・トーキーズは零落した。デーヴィカーは1945年にスヴャトスラフ・レーリヒ英語版と再婚し、映画製作から引退した[4]。アショークは後にボンベイ・トーキーズに戻り、1949年に『Mahal』を製作してボンベイ・トーキーズを再興している[4]

フィルモグラフィ編集

 
『亜細亜の光』撮影時のヒマンシュ・ラーイとシータ・デヴィ英語版

出典編集

  1. ^ Himanshu Rai’s 1928 film Shiraz restored for UK-India Year of Culture”. Hindustan Times. 2020年2月22日閲覧。
  2. ^ インド映画初のキスシーンも、ニューデリーで映画祭”. AFP. 2020年2月22日閲覧。
  3. ^ a b c d Remembering Niranjan Pal, visionary screenwriter, co-founder of Bombay Talkies”. Cinestaan. 2020年2月22日閲覧。
  4. ^ a b c d When Ashok Kumar saved Bombay Talkies”. Cinestaan. 2020年2月22日閲覧。

外部リンク編集