ビアース川の戦い

ビアース川の戦い(ビアースがわのたたかい)は、1285年チャガタイ・ハン国奴隷王朝の間で発生した戦闘。奴隷王朝のスルタンであるギヤースッディーン・バルバンは、チャガタイ・ハン国に対抗するためムルターンラホールに己の「血と鉄」と称する要塞線を張り、ビアース川をその一部と位置付けていた。ここで奴隷王朝軍はチャガタイ・ハン国軍を撃退することに成功したが、指揮官であったギヤースッディーン・バルバンの子ムハンマド・ハーンは戦死した[1][2][3][4]

ビアース川の戦い
1285年
場所ビアース川
結果 奴隷王朝の決定的勝利
衝突した勢力
チャガタイ・ハン国 奴隷王朝
指揮官
ギヤースッディーン・バルバン
ムハンマド・ハーン 

一次史料編集

脚注編集

  1. ^ Satish Chandra (2004). Medieval India: From Sultanat to the Mughals-Delhi Sultanat (1206-1526) - Part One. Har-Anand Publications. pp. 66–. ISBN 978-81-241-1064-5. https://books.google.com/books?id=L5eFzeyjBTQC&pg=PA66 
  2. ^ Kausar Ali (1978). A new history of Indo-Pakistan: from Dravidians to Sultanates. Aziz Publishers. https://books.google.com/books?id=ICEhAAAAMAAJ 
  3. ^ John McLeod (2015). The History of India. ABC-CLIO. pp. 42–. ISBN 978-1-61069-766-8. https://books.google.com/books?id=XrJoBgAAQBAJ&pg=PA42 
  4. ^ Jaswant Lal Mehta (1979). Advanced Study in the History of Medieval India. Sterling Publishers Pvt. Ltd. pp. 131–. ISBN 978-81-207-0617-0. https://archive.org/details/dli.bengal.10689.12598