ビオターBiotar )はドイツ民主共和国(東ドイツ)のカール・ツァイスダブルガウス型レンズに使用したブランドの一つ。

最初の製品はモリッツ・フォン・ローア(Moritz von Rohr )によって設計されたペッツバール型F1.8であったが、1927年ウィリー・ウォルター・メルテがF1.4を設計して有名になった。ただしこの時点ではゾナーに優るものとは評価されず、内面反射を低減するコーティング技術の発達により群数の制約がなくなったことと、高級カメラの主流が一眼レフカメラへ移行し対称型のバックフォーカスの長さが評価されたことによりプラナーが主流になるまで、対称型はレンズの主流とはならなかった[1]ドイツ連邦共和国(西ドイツ)のカール・ツァイスではプラナーブランドを使用し続けた。ドイツ民主共和国(東ドイツ)のカール・ツァイスでは、のちにダブルガウス型のレンズのブランドとしてパンコラーを使用した。

製品一覧編集

コンタックス(Contax )用編集

エクサクタマウント編集

M42マウント編集

ライカLマウント編集

関連項目編集

関わった設計者編集

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 『クラシックカメラ専科No.3、戦後国産カメラの歩み』p.152。

参考文献編集