ビジャ・ソルダーティ踏切事故

ビジャ・ソルダーティ踏切事故(ビジャ・ソルダーティふみきりじこ)は、1962年6月11日の朝にブエノスアイレスビジャ・ソルダーティで発生した鉄道事故である。濃霧の中で列車がパルケ・アベジャネーダの公園にある幼稚園へレクリエーションに向かう児童を載せた市営のスクールバスと衝突し、42人が死亡、83人が負傷した[1][2]

ビジャ・ソルダーティ踏切事故
発生日 1962年6月11日
アルゼンチンの旗 アルゼンチン
場所 ブエノスアイレスビジャ・ソルダーティ
路線 ベルグラーノ南線英語版
運行者 アルゼンチン国鉄(初代)
事故種類 踏切障害事故
原因 踏切の係員の操作ミス
統計
列車数 1本
死者 42人
負傷者 83人
その他の損害 バス1台
テンプレートを表示

事故概要編集

事故はプレシデンテ・イシャ駅 (Estación Presidente Illia) の近く(現在はラカーラ・ストリートとベラクルスとの交差点近く)にあるベルグラ-ノ南線の踏切で発生した[1]。列車が来ないと思っていた踏切の係員が、バスの前にいるトラックを通そうと遮断機を開けた[3]直後、係員は機関車の警鐘を聞いたが手遅れであった[2]。トラックに次いで踏切に入ったバスは列車と衝突し、その衝撃でほとんど破壊され[1]、バスの一部の破片は列車にひきずられ事故現場から150ヤード (137m) ほど離れた線路上にあった[2]。多くの救急車や医師がすぐ事故現場に到着し、負傷者は4か所の病院へ搬送された。当初、病院では負傷者数に対して血液や血しょうが不足していたが、献血を求める訴えに1500人が応じた[3]

この事故により42人が死亡、83人が負傷した[1]。死者はバスに乗っていた人(運転手や女性教師および児童)であった[3][1]。列車の乗員・乗客の中に死傷者は1人もいなかった[3]

事故後、踏切の係員は遮断機を開けてトラックやバスを踏切に侵入させた容疑で逮捕された。列車の機関士機関助士も逮捕されたが、その後釈放された。

現在事故現場にはモニュメントが設置されている[1]

注釈編集

  1. ^ a b c d e f Tragedias ferroviarias en Argentina
  2. ^ a b c The Times, Jun 12, 1962 page 10
  3. ^ a b c d Railroad Wrecks by Edgar A. Haine, pages 143–144, Publ 1993 ISBN 0-8453-4844-2

座標: 南緯34度39分56秒 西経58度26分57秒 / 南緯34.66556度 西経58.44917度 / -34.66556; -58.44917